ぐるっと黒海の旅@ブルガリア・ルーマニア

2014年1月21日
ソチ五輪まで、もうすぐ!楽しみとドキドキで、2月は眠れないかも?

ロシア・ソチは、黒海のほとり。
民族と文化が交差する黒海は、ブルガリア、ルーマニアも近く
昨年、母が旅した、ブルガリアの風景にもオスマン帝国とロシア帝国の影響を感じます。
(母のコンデジのデータバックアップ作業は、私の年末仕事^^;)

世界遺産リラの僧院
現在の形になったのは14世紀。
15世紀~19世紀の約500年、ブルガリアはオスマントルコの支配下にあり
この間、キリスト教信仰やブルガリアの書物を読むことは制限されながらも
この僧院だけは黙認されていました。
1983年にユネスコの世界遺産に登録されました。



リラとはトラキア語で「水の美しい所」だそうです。
リラというと、ライラックの花を思いますが
イタリアのかつての通貨もリラ。
トルコの通貨もリラですね。



リラの遺跡の近くに、コウノトリの街、コチェリノボがあります。
民家の煙突に、コウノトリの巣が(バスの中より。)
幸せを運ぶ鳥を街中で大切にしているそうですよ。



アレクサンダル・ネフスキー教会
ブルガリアのソフィアで、最大の美しい教会。
高さ60mの金色のドームをはじめ、12のドームからなるネオ・ビザンツ様式だそうです。



世界遺産ボヤナ教会
ソフィア中心部から南西に行った、ヴィトシャ山の麓に建つ教会。
小さな、ひとつの教会ですが、1048年に創建された聖ニコラウス聖堂と、
1259年創建の聖パンディレイモン聖堂など、増築されて
1979年に世界遺産に登録されました。
建物内は、撮影は禁止です。



ブルガリア・ルーマニアの素敵な風景、少しずつアップしていきます。

私も母もコンデジは、SONY Cyber-shot。現在3代目~♪
最近、買い替えと修理で、初めてソニーストアへ行きました。。。
家電量販店は行くのですが、直営店って、なかなか~~
いろいろ試せるのですね~、知らないことがいっぱいでした!
Text & Photo by 
リズムのある暮らし

こうして世界の建築物を見ると、技術の素晴らしさ、デザインの素晴らしさを感じますね〜☆★

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
伊豆半島>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.