ヴェルサイユ宮殿@フランス

2014年5月5日
一生に一度は行きたいなぁ~!っていう所、誰でも幾つか心に秘めてますよね。ヒマラヤ、南極、サバンナなどの大自然系から、マチュピチュやカルタゴって遺跡の数々とか。でも秘境や自然環境の厳しい所や治安・政情の不安な国にチャレンジする勇気って、なかなか・・・。

更に旅費とか所要日数とかゲンジツ的に絞り込んでいくと、やっぱ近場になっちゃうんですねー。笑 そんな話をFちゃんとしてて、そういえばヴェルサイユにまだ行った事ない!のを思い出したのでした。あらやだ、灯台下暗しナリ~~。



どこもかしこも金ぴかゴージャスだけれど、中でもひときわ美しい「鏡の間」。



マストの見どころだけあって、人の数も凄いですけどね!



マリー・アントワネットも、毎日ここから広大な庭を眺めてたんだろなぁ・・・。



これは彼女のベッドなのかしら?人垣をかき分けて何とか写真は撮ったけど、説明書きも読まなかったしオーディオガイドなんかスィッチすら入れてなかった(笑)ため確信ないんだけど、それっぽさ満点ですよね!



広大な庭園は、宮殿の近くは造形的なフランス式だけど、



歩いたら2~3時間じゃとても無理という、ハンパない大きさの森や運河が広がってます。プチ・トリアノンなどの離宮も、あの森の中。目の前は何やら作業中で、クレーンなんか置きっ放しなのがご愛嬌さー!



「ベルばら」でその存在を初めて知ったヴェルサイユ宮殿を、こうして自分が歩いてるなんてね・・・。あの頃の私のところへ行って、「あんたね~将来ここへ行っちゃう日が来るんだよ!」って、教えてあげたいくらい。^^



宮殿内を歩き疲れた頃、カフェだカフェだーお休憩だぁー!!!と喜んで入ったら、「アンジェリーナ」の支店でした。それじゃあ、ここが始祖というアレを頼むっきゃないかな?!



モンブラ~~ン★これも、よーっく考えたら初めて食べるかも?もともと大の甘党じゃないもんで、いつも何となく食べ損ねてた気がします。

いやー百聞は一見に・・・てやつですね!元祖モンブランは、どっしり栗あん(ピューレってのが正しい?)てんこ盛り、その下には生クリームどどん!というハードコアがっつり甘もんでしたー。日本人なら2人で1個をシェアしたら丁度良いかも。

うっかり一人一個ずつ頼んじゃった私たち。ケーキ一個で満腹になったなんて、久々の経験だったわぁ。あっ、そうか!「パンがなければケーキを・・・」ってのは、こういう意味だったんですね~王妃?!笑
Text & Photo by 
ロンパラ!(LONDON パラダイス)

ヴェルサイユ宮殿、誰もが憧れる場所ですね☆★ 優雅な内装の数々が素敵です♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
国宝・平等院鳳凰堂>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.