アートアクアリウム城~京都・金魚の舞~@京都

2014年11月2日
アートアクアリウム城~京都・金魚の舞~の続きです。



1.鎮座する。
このイベントの目玉である「花魁」、今回は立派な御殿のような場所に収められておりました。
これ撮るのにどれだけ大変でしたか!係の人間が全く人波を誘導しないから、
みんな押し合いへし合いのギュウギュウ詰めになって、将棋倒しになるんじゃないかと思うくらいでした(汗



2.怪しくも堂々と。
今回の花魁、立派で好いんですが、今までは何方向から撮れる状態で展示されてたんですが、
今回は一方向からしか撮れないのが面白くございませんでした。



3.両脇の一方。
花魁の両脇に展示されてる、パラドックスリウムとプリズリウムNo.18。



4.異次元。
新作のパラドックスリウム、垂直に見る面がない面白い構造の水槽。



5.ウォーターサーバー?。
ギヤマンリウム。



6.揺れる水盤。



7.一人部屋。
なんて名前の金魚でしょうか?、自分の握り拳よりデカイ、特大の金魚でした。



8.キモノリウム。



9.ライティング・グレデーション。



10.乱舞する。
プリズリウムNo.12。



11.舞う天女。



12.可愛いですか~?。
たまたま居合わせていた女性二人が、しきりにこの金魚見て可愛い可愛いと連呼しておりましたが、
心の中で首傾げておりました(^◇^)



13.良く見えるのかい?
大きな目で、どんな世界が見えるんでしょ?



14.リフレクトリウム。
今回一番撮っていて面白かった水槽がこれ。
凸レンズ、凹レンズ、二重レンズなどが施されていて、色々面白い見え方します。



15.水泡の世界。



16.ブクブク・・・・。
楽しい水槽なんですが、これもそばまで寄れないので、望遠での切り取りなんですが、
これ広角で覗いたら面白いと思うのにな~。



17.上を向いて泳ごう。
頂天眼(チョウテンガン)、下が向けないから不便やろうな~と思っていたら、
なんとこの金魚視力が無くって、嗅覚だけで餌を探しているそうです!(@_@;)



18.ちょっと一休み。
帰り道にある「夜祭りBar」と称すスペース、京都の地酒やお漬け物がいただけるそうです。
Text & Photo by 
デジタルな鍛冶屋の写真歩記

綺麗なアクアリウムの世界にうっとりしますね★☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
ハローウィーン・ホラー・ナイト@USJ>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.