北欧の旅@ スウェーデン・キルナ

2014年12月17日

北欧三ヶ国の旅。

一ヶ国目は、
スウェーデンは、北極圏内のキルナへ一っ跳び!

人口は約23万人。日本との時差は、-8時間。
現地時間の午後2時20分頃に到着したでしょうか。
ポーラーナイトで、お昼間でももう夜なのです。
(夏は夜でも太陽が沈まない白夜となります。)

搭乗した航空社から、北極圏北緯66度33分を通過した
『北極圏通過証』をもらいました。
もちろん、搭乗者、日付、便名入り☆
良い記念になって嬉しい♪



いざ、入国!

機体が入るくらいの巨大倉庫の中で
入国審査&荷物を手渡しで受け取ります。

サンタの帽子を被ったお姉さんが
ウェルカムドリンクとクッキーをおもてなし。

ドリンクはベリージュースにスパイスを入れたような
濃厚で温かい飲み物、クッキーはジンジャークッキー。
クリスマスにいただく郷土の物で心身に沁みました。

銀行も何もなく、このような空港は初めてです。

ホテルは、キルナの街から徒歩12分くらい離れた、
人工光の少ない隠れ家的リゾートホテル。
お部屋は、床暖房に乾燥機&キッチン付きでした。



ホテルに到着して、ショッピング街を散策したのですが
途中、夢のような可愛らしい素敵なお家が建ち並んでいて
真っ暗にもかかわらずカーテンはオープン。
温かい灯りや、窓際にはクリスマスの飾りやキャンドルが灯って
クリスマスのポストカードが現実になった世界にため息♪。。。

(というわけで、住まわれている人も見えるわけですから
さすがにカメラを向けるのは気が引け、あまり撮りませんでした。
光りも足らず拙くてすみません。)



木々に積もった雪もとても綺麗で神秘的。。。

-11℃くらいの気温だったと思いますが、
空気が乾燥していて、驚いたほど体感温度は暖かい。

真っ白な積雪はパウダースノーで、歩くとキュッキュキュッキュ音がして
見たこともないキラキラ感。
ポストカードがキラキラしている意味がわかりました。

これだけでも充分なほど、なんとも素敵過ぎました。。



この街は、鉱山で栄えている街。
良質なスウェーデン鋼を産出され、
現在は地下も掘り進んでいて地盤沈下が考えられ、
約30年後にはこの街ごと移動しているかも知れないそうです。



ショッピング街を散策してホテルに戻り、
レストランでディナービュッフェを。

電気がギラギラ点いてなく、各テーブルにはキャンドルが。
焔は気持ちが落ち着き、至福のひととき。

赤ワインで煮込んだムースというヘラジカのシチューをいただきましたが
ブラウンソース仕立てですごく美味しかった。


第一日目のオーロラ鑑賞。
あいにくの曇り空。
ご存知の通り、オーロラは雲よりも、飛行機が飛ぶ高度よりも
高い所でに出現するため、
空の下、ねばってみたものの一向に晴れる様子がなくお部屋へ。

「お天気になってオーロラ見れますように☆」と
お祈りしたのでした。

(ちなみに、オーロラは、午後9時頃~午前3時頃の間に
出現されると言われています。)



ホテルの外に設置されている消火器は
真っ赤なボックスに入れられていました。
(少ししか撮れなかったのですが、雪のキラキラ感おわかりいただけますでしょうか?^^)

お部屋からも時々空を眺めては晴れるのを待っていましたが、
空の様子は変わりなく残念して、明日に期待です♪

長旅の身体を癒すとしましょう。
この日はお休みなさい♪
Text & Photo by 
Amour Tendre

とっても綺麗なスウェーデンの、冬の雪景色ですね★☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
クリスマスマーケット@ヘルシンキ>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.