平素より「みんなの投稿ブログ」をご覧いただきまして誠にありがとうございます。
この度、「みんなの投稿ブログ」は2020年2月6日を持ちまして終了とさせていただくこととなりました。
いつも素敵な投稿をしてくださいました方々、楽しみにしていただいていたみなさまには本当に感謝を申し上げます。何卒よろしくお願い申し上げます。

浅草寺の初詣にお連れしましょう

2015年1月29日
宝蔵門の前です。列が動いてるので、本殿まではスムースに行けそうです。



本殿が見えてきました。まだ行列は止まることなく、流れてます。



ここで2013年と2014年の「全国の初詣ランキング」 を紹介しましょう。
左が2013年、右が2014年です。

                2013年    2014年
第1位 明治神宮      313万人  → 316万

第2位 成田山新勝寺    300万人 → 305万

第3位 川崎大師 平間寺  298万人 → 302万

第4位 浅草寺       281万人 → 283万

「第5位 伏見稲荷大社  昨年270万人 (2014年に公表した数値がないみたいです)」

第5位 鶴岡八幡宮     255万人 → 250万

第6位 住吉大社      235万人 →236万

第7位 熱田神宮      230万人 → 230万

第8位 武蔵一宮 氷川神社 207万人 → 215万

第9位 太宰府天満宮    200万人 → 200万

第10位 生田神社      --- → 152万


昨年第5位だった京都の伏見稲荷大社が圏外になってました。
外国人にも人気の、初詣ランキングの常連さんですが、どうしちゃったんでしょうか。

あとはどこも常連さんで、昨年との順位の変動はありませんでした。
伏見稲荷神社が、消えてしまい、10位に登場したのが、神戸の生田神社。
ここは必勝祈願の神社なので、プロスポーツやアマチュアのスポーツマンに有名です。


本殿の階段を昇りました。
振り返ると「最後尾」、の看板が見えます。最後尾が、本殿の前なら今年は楽勝です。



・・・・と、思ったら、右から昇った参拝客と、左から昇った参拝客がここで合流し、押すな、押すなの大混雑。
警備員さんが凄い人数でした。



それでも、ゆっくりと前の人がいなくなり、徐々に前に進みます。



最前列は諦めて5列目くらいから、お賽銭を投げて、出口に移動しました。

内陣前の左端で、内陣中央のご本尊聖観世音菩薩が見えない場所は、誰もいなかったので、写真を撮ることができました。



手前はお賽銭箱の役を果たす、お賽銭受けです。
昔は芸者衆が、和服の襟元の背を大きく開けて、後方から飛んで来るお賽銭を、背中の襟で受け止めたという話を聞きますが、今はいません。
背中に入ってくれればいいけれど、硬貨が頭に当たると痛いですからね。

お寺の懐を探るのは不謹慎ですが、賽銭に「お札」は無くて、小銭ばかりでした。
昔は千円札は当たり前で、時々万札が投げられてましたが、あれはバブルの時代でした。
アベノミクスも、下町浅草寺の賽銭箱には、なんの影響も無いように見えました。

Text & Photo by 
旅プラスの日記

浅草寺は、日本を代表する活気のあるお寺ですね☆★

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
幸せを呼ぶ青い鳥@ルリビタキ♪>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.