平素より「みんなの投稿ブログ」をご覧いただきまして誠にありがとうございます。
この度、「みんなの投稿ブログ」は2020年2月6日を持ちまして終了とさせていただくこととなりました。
いつも素敵な投稿をしてくださいました方々、楽しみにしていただいていたみなさまには本当に感謝を申し上げます。何卒よろしくお願い申し上げます。

パンジー

2015年1月29日
恋の媚薬と詠われたパンジー(三色菫)



オーベロン(妖精の王)
「さてキューピッドのその矢はどこに落ちたか。
わたしはちゃんと見届けたとも、それは西の彼方小さな花の上、
乳白のその花は恋の傷で血の赤に変った、
娘たちが「恋の気ちがいすみれ」と呼んでいる花だ。
あれを取ってきてくれ、いつかお前にも教えておいただろう。
あの汁を搾って眠っている瞼の上にたらせば、
男であれ女であれ、目を開けて見た最初の
生き物に恋こがれて狂ってしまう。」
シェイクスピア作、大場建治訳『真夏の夜の夢』研究社より
Text & Photo by 
AREKORE

綺麗なパンジーは、晴れやかな気持ちにさせてくれますね☆★

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
ドバイ・ミラクルガーデン@ドバイ >>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.