東京の旅*大人女子の楽しみ!?KITTEshop巡り『CLASKA』

2015年2月10日
毎日寒い日が続いていますが…冬旅を控え、
昨年2014年に訪れた春旅の残していた記事を残しておきたいと思います。
2.3回ほどですが、今回は少し長いので、よければ写真だけでもお楽しみいただければ嬉しいです。



何の下調べもなく、猫夫の東京出張に便乗して行った東京観光でしたが…、
東京の旅の初日のランチを築地で食べ…猫夫と銀座で分かれて、 
東京メトロ 丸の内線で東京駅へと戻って、少し1人観光をしてみました。



「歴史感じる!!初!?東京駅丸の内駅舎&KITTE」の続きで…
「この後、KITTE館内を散策するのですが、その話はまた東京旅の猫夫の記事の途中にでも…。」と綴っておきながら
東京の旅が終了してしまっていましたが、番外編と云う形で素敵なお店を2.3.4shop!?紹介しておきます。
KITTE内にあるお店ですが、お住まいのお近くにも店舗があったり、ネット販売もされているのでよければどうぞ。

このKITTE(キッテ)は、もともと旧東京中央郵便局の跡地に、
日本郵便がJR東日本・三菱地所と共同で 建設した、地上38階建て(地下1階から地上6階まで7つのフロア)の
JPタワー内にある、旧東京中央郵便局舎を一部保存した、低層棟に入っている商業施設だそうです。



ちなみに、旧東京中央郵便局舎は、東京駅舎を設計した辰野金吾氏の
東京帝大の建築学科の後輩にもあたる吉田鉄郎氏が設計し、1931(昭和6)年竣工したとか。
戦前の逓信省の管轄の郵便・電信・電話・電気事業の局舎等の施設を多く手掛けた
逓信建築の先駆者のひとりで、その設計された建造物は、"モダニズム建築"としても有名なようです。



2013年3月21日に商業施設としてオープンして、もうすぐ2周年ですが、
KITTE開業時は、記念アートプロジェクト『想い桜』という巨大な桜の写真の作品
(ニューヨーク在住の日本画家 千住博さんが福島の「三春の滝桜」を書かれたもの)が飾られ、
ニュースでも取り上げられ話題になった場所です。

訪れた時は昨年2014年の4月なので、多少なりとも全体の雰囲気や
店舗のディスプレイも変わっているかもしれませんがた…HPや実際に行かれて確認してみてくださいね。



この時は開業から1年少しが経ち、平日は観光客もほどほどで、行列もほとんどなく…
2-3時間や半日でも!? レストランやカフェもあり居てても飽きず時間を過ごせたり、
KITTE内には多くのお店が入るショッピングモールのようでもあり、待ち合わせにも便利なゆっくりできるところでした。
KITTEのHPの案内では…「東京駅より地下道直結のアクセス。
生活雑貨を中心にギフトアイテム、洋服、ファッション小物、さらに東京みやげまでを幅広く揃えています。
KITTE の由来にちなんでフィリップ・ワイズベッカーさんに描いていただいた、
丸型ポストのイラストが入った丸の内店限定グッズも。」と紹介されていました。
Text & Photo by 
journey

東京都の街並み、都会の雰囲気が、大人女子にぴったりですね☆★

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
海ほたるから富士山>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.