転車台と振り子【四国旅2014】

2015年2月28日


秋の「鉄道の日」記念に公開された高松運転所。毎年恒例のイベントのようで、スタッフの準備の良さを感じました。



人気のアンパンマンが一両切り離されて乗車体験を実施していました。なぜここでわざわざ?種明かしは次の一枚。



なんと右に大きく傾いています。それどころか左右に車体が小刻みに揺れています。これは振り子体験によるもの。
(カーブを高速で走るために車体を傾ける機能を「振り子」と呼んでいます。強制的に作動させる実験でした。)



振り子体験の後、一両のディーゼルカーは前に進んで転車台に乗ります。台の上で一回転して戻るのが楽しいです。



わたし達も乗車してみました。振り子の強制作動体験は衝撃的でした。地震に遭遇したらそんな感じかと思います。



この写真はまさに乗車体験の際に回転している途中。転車台は機関車などを車庫に振り分けたり回転させる装置。
(いまや本来の目的は失われています。でもディーゼルカーの編成組み替えや、方向転換には使われている?)



回転中、すぐそばの本線を岡山行きの快速マリンライナーが颯爽と通過して行きました。乗客の視線を感じます。



転写台全景。日本が蒸気機関車全盛だった時代には珍しい施設ではありませんでした。いまや絶滅危惧施設。

さらには乗車した状態で経験できることなんてまずありません。こんな体験が出来るのもイベントならではです。
Text & Photo by 
little escape

子供に大人気のアンパンマン★誰もが乗ってみたくなりますね♪♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
ラブリーピンク@河津桜♪>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.