シュヴェービッシュ・ハルのマルクト広場

2015年6月9日


ドイツ南部のバーデン=ヴュルテンベルク州の町、シュヴェービッシュ・ハル。先日この町に住む友人に会いに行ってきました。
古い建物や美しい自然が魅力の町ですが、特に町の中心のマルクト広場が気に入りました。まるでメルヘンから抜け出たよう!



広場にある聖ミヒャエル教会の前の大階段では、6月に行われる野外劇のリハーサルが行われていました。すごく高くて急な階段でダンスしているのですが、見ていても怖くなります。友人の話によると有名なダンサーは怪我を恐れて、野外演劇祭の出演オファーを断るとか。



「マルクト」とはドイツ語で市場の意味ですが、その名のとおり、土曜日の朝にはこの広場で朝市が開かれていました。旬の(訪れた当時は)ホワイトアスパラが山積み。さすが本場、太さや長さの違うものが何種類も!本当に小さな町なので、まるで住民のほとんどが朝市に来ているかのよう。友人もちょっと歩くごとに誰かしら知り合いに出会っていました。パリではあり得ないけれど、こういうのはいいな~ 
とても静かな小さな町。名前があまり知られていないけれどきれいでのどかな町々へ、ドイツに住んでいたときに父が車で連れて行ってくれたことを懐かしく思い出しました。
Text & Photo by 
大好きな季節 Meine Lieblingsjahreszeit~パリ編

ドイツならではの独特な異国の景色に、市場のワクワク感もありますね♪♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
15.06.08 何故か薔薇と茗荷のコラボ~♪♪@市川>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.