天神祭 船渡御@大阪

2015年7月30日

大阪の夏の風物詩、大阪天満宮の天神祭が昨日、本宮を迎えたので、大川での船渡御(ふなとぎょ)を観に行きました。

天神祭は日本三大祭のひとつで花火とかがり火が川面に映る様子から「火と水の祭礼」と呼ばれています。
平安中期に始まったとされ千年以上の歴史があります。

本宮では、天満宮を出発した神輿(みこし)行列が天神橋の乗船場まで練り歩く陸渡御が行われたあと、
ここ天神橋から船渡御がスタートします。



船に乗った鳳神輿(手前)と、これから船に乗る玉神輿(奥)。



鳳神輿の船と川岸の観客とで打ち交わす大阪締め。
大阪締めは、先ず両手を前に掲げ手拍子の準備をし、「打ちまぁーしょ」の掛声と共に「パン.パン」と2回手を打ちます。
次に「もひとつせぇ」で「パン.パン」 。最後に「いおう(祝う)てさんど(三度)ぉ」の掛声に「パパン.パン」と3回打って締めます。



船渡御では約100隻の船が行き交います。総勢1万人もの人々が乗る渡御船団が、上流側(飛翔橋付近)・下流側(天神橋付近)の
二手に分かれ、約7kmの航路を約2~3時間あまりにわたり渡御を行ないます。



船渡御で船がすれ違う時に交わされる大阪締め、船と川岸・橋の上の観客とで交わされる大阪締め、
あちらこちらで大きな手拍子や掛け声が響き、祭りの雰囲気を盛り上げていました。



船渡御の船列の中、唯一、手漕ぎの列外船として自由に航行できるどんどこ船。
長さ約17mの船体に梅鉢紋と唐草模様が描かれ、左右舵14丁ずつの漕ぎ手が、太鼓と鉦のリズムに合わせて櫂を漕いでいました。



天満橋の上から眺めた船渡御。
天神祭はとてもエネルギッシュで迫力ある祭りです。



今回、船渡御と同時にあった奉納花火は観れませんでしたが、来年は是非、
花火も観に行きたいと思います。
Text & Photo by 
北摂徒然日記

風情溢れる景色の中でのお祭りは最高でしょうね★☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
第59回全国選抜長良川中日花火大会@岐阜>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.