旅行6日目・アリラスミニャック最初の朝

2016年3月5日



前の日はなんだかんだで寝たのは3時頃だったけど、波の音で7時過ぎには起きちゃった。
顔を洗って、テラスから目の前のプールサイドに行って海からの風と波の音を堪能。
しばらくすると旦那様が起きてきたので、部屋でコーヒーを淹れてプールサイドでコーヒー飲みながらぼんやりと@お約束

今日もいい天気になりそう~。そろそろ雨期になってもいい時期(11月)・・・なのにこの年は遅れているみたいでこんな時間からめためた暑いです。





私達が泊まっている部屋。朝早いからカーテン閉めているけど、ここはそんなに人通りが少ないから昼間でもカーテン開けて使っていました。でも気になる人は上層階にした方がいいかな。スケルトンの柵なのでプールサイドからは2階も3階も部屋の中が見えてしまうけど、その分部屋からの景色は海が間近に見えるのがいいと思う。





フロントがあるロビーを通って朝食を食べにレストランに行きますよー。オンザビーチ感溢れる開放的なロビー。



一段下がったフロアは横にあるクッキーバーで焼き菓子やコーヒーを注文して飲めるラウンジ的なスペースとの事。(有料です)







右手奥がビーチバー。その横にプール。左にある祠はもともとあった祠だと言っていたけど、ホテルのど真ん中の一番いい位置に鎮座してこの地を守っているように見えました。



左側は私達が泊まっている棟とまだ内装工事中だったビーチフロントの棟とプールが見えます。



右側には上段のプール。その向こう側の棟の一番上はペントハウス(プライベートプール付)、その下フロアにビーチスイート。



1フロア下に降りるとレストラン。目の前がビーチなので気持ちがいいです。テラス側は混雑していたので中のテーブル席にしました。





テーブルに着くとまずはコーヒーor紅茶から。種類がいくつもあるので聞いて好きなものをオーダー。
フレッシュのオレンジジュースもサーブしてテーブルを回っています。
この時にフルーツが何があるのかを聞いて、好みのジュースを作ってもらうのもOK。

フルーツ・ヨーグルト・シリアル・ミューズリー・ブブル・パン・デニッシュ・マフィン・プティング・ケーキなどはブフェスタイル。自分の好きなものを選びました。



メインメニューはテーブルでオーダーします。量は普通のホテルと比べたら少なめなのは好都合。少しずつ楽しみながら食べる事ができました。

FRIED RICE BAKON と FRIED NOODLES PRAWNS はどちらも目玉焼きが乗っていてクルプッもついています。
ローカルのナシゴレンやミーゴレンとは違い、他のアジアセクションのものも外国で作ったアジアフュージョン料理でアリラらしい朝食だな~と思いました。
ベーコン入りのフライドライスは私好み
とっても美味しかった。
フライドヌードルはバーミセリと書いてあって、味もミーゴレンと言うよりもベトナム料理風フライドヌードルって感じ。上品な味です。



メニューには、アジアンセクション・ウエスタンセクション・ヘルシーセクション・ペストリーセクション(その中で更にウエスタン・アジアンと分けてある)に分類されているので、自分が食べたい料理のイメージがつき料理もわかりやすかったです。

ウエスタンセクションの中にサワーブレッドのものが2種類あったので、マッシュしたアボカド・フェタチーズ・フムス・ルッコラなどの野菜がトッピングされた方をオーダー。
このサワードゥが自家製で自信作らしいんだけど、香りがいい美味しいサワーブレッドでした。
あれ?なんかこれと同じのお隣のルッチオーラで以前食べたわー・・・まさかサイモンがここに???ってキッチンをキョロキョロ探してみたけどいるわけないよね。
でもでも、このメニュー激しくサイモン臭がしてならない。
サイモンは昔アリラマンギスのイケメンシェフ(姉妹で争ったら娘にまんまと持ってかれた事件w)でその後はルッチオーラのシェフになり、まさかアリラ・スミニャックに戻ってきてくれたの?って言う話。



お味見でブブルを自分好みに味付けしてほんの少しだけ。シンプルなやさし~い味のブブル美味ざんす。



食後のコーヒーに合わせて甘いものも。マフィンとバナナブレッドはアリラマンギスの方が私は好きかもー。



お腹もいっぱいになったことだし、もう5日もプールに入れなかったから早く着替えてプールにGOだぜ!
Text & Photo by 
Travel is my life 2

落ち着く雰囲気の素敵なホテル☆海を眺めながらぼんやりしてみたり、プールで泳いでみたり・・贅沢な時間が過ごせそう♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
梅香る @水戸>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.