中東ヨーロッパの旅 vol.68 国会議事堂(1)外観 [ブダペスト]

2016年9月7日

ドナウ川沿いに建つ美しい建物「国会議事堂」に行ってみました。



部屋数691、建物の長さ268m、最大幅123m、右側に見える円蓋ホールの高さは96mです。
大きすぎて写真に入らないので、ちょっとずつ切り取ります。



本当に美しい建物です。
1884年に着工し、完成までに20年かかったそうです。



なんていい天気なんだーー!
ブダペスト3日目にしてやっと晴れました ( ;∀;)



議事堂正面の「コシュート・ラヨシュ広場」。
ベンチが多く配置されていて、ブダペスト市民のみなさんの憩いの場なのでしょうね。



くさり橋方面から来ると、まずこの外観が現れます。
で、上に何枚か切り出した議事堂の正面(コシュート・ラヨシュ広場側)をぐるっと周っていくと。



反対側には、対称の建物が。
まるっきり同じに見える。



この建物の前には、オーストリア=ハンガリー二重帝国のハンガリー王国首相であった『ティサ・イシュトヴァーン』の像がありました。



この像の前に、ビジターセンターの入口(地下)があります。
私たちは、ある目的で、このビジターセンターへ向かいます。

(2016年4月)
Text & Photo by 
My Trip Style

完成に20年もの歳月がかかっているだなんて驚きです☆それだけ見応えのある本当に美しい建物ですね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
日めくりバイク 9月1日>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.