京都はんなり母娘旅vol.5~着物でトコトコ嵐山散歩~

2016年11月22日



身にまとう日本の心・・・なんて^^

天龍寺から大河内山荘まで続く竹林の道。すくっと聳え立つ清涼感に満ちた空間に身も心も癒されて。。
天龍寺に行った後、レンタル着物店で着物をレンタル。気持がシャキッとして足取りも軽やかに。。何度か外国の方に声をかけられ京都人になりきり満面の笑顔(笑)





広大な敷地の大河内山荘庭園。時代劇の名優・大河内傳次郎が、34歳から64歳で逝去するまでの30年の歳月にわたりこつこつと作り上げた庭園で国指定文化財。
紅葉がちょうど見頃で、それはそれは綺麗でした。  
お抹茶・お菓子付入山料金1,000円。





常寂光寺。京都嵯峨野、小倉山の中腹にあるお寺。とても風情のある庭にほんのり染まったいろは紅葉にしばしうっとり。。。。百人一首の選者・藤原定家の歌「軒瑞寺」とも称されるそう。



落柿舎(らくししゃ)。松尾芭蕉が「嵯峨日記」を記したところだそう。田園風景の中に、まるで溶け込むように立っている茅葺の草庵。あぁ、京都に来て本当に良かった。。



祇王寺(ぎおうじ)。平清盛の寵愛を受けた白拍子・祇王が出家して余生を送った場所。苔むす庭園が雅でした。11月下旬、この場所が一面の散り紅葉になるそうな・・。



厭離庵(えんりあん)。天龍寺に属する寺院で、カエデ、つくばい。灯篭が配され、苔庭に落ちる深い紅色の紅葉が有名なのだそう。こちらも11月下旬~12月上旬が見頃。。
小さな時雨亭という茅葺屋根の縁側。静けさの中で一面の苔を見ながらほっと一息。
私たち同様、着物を着たカメラ女子二人に写真撮影を頼まれ
それでは私たちもと、お互いのカメラを交換してハイポーズ。お陰様で娘とのツーショットが撮れて
素敵な旅の記念になりました^^
  まだまだ旅は続きます。。
Text & Photo by 
陽だまりcafe

こんな素敵な秋景色ずっと眺めていたい☆着物を着てゆっくり散策するのが粋ですね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
険しい山間には、ジブリのような滝が落ちる>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.