夜のカルチェ・ラタンとノートルダム大聖堂

2017年1月22日

ラクレットを食べに行った帰りに、夜のカルチェ・ラタンを散歩しました。この地域を歩くたびにいつも幸せ気持ちになります。でも、この日はこれが見納めだと思うと寂しかったです。



ライトアップされたパンテオン。左側の建物はサンテティエンヌ・デュ・モン教会。とてもひっそりしていました。まるで中世へタイムスリップしたみたい。

カルチェ・ラタンは、パリ大学(第1から第13大学まであり、ソルボンヌはパリ第4大学のことです)高等教育機関が数多く集まる文教地区。各教育機関の重厚な建物が建ち並ぶ、知的な雰囲気が漂う地域です。でも学生街でもあるため、学生で賑わうリーズナブルな店もたくさん。この日は週の真ん中だったためか、夜に外出している学生の姿はほとんど見られず、とても静かなカルチェ・ラタンでした。



メトロの駅に向かって歩いていたけれど、遠くにノートルダム大聖堂の先端が見えてきて・・・やっぱり行先を変更。



セーヌ川左岸から見るノートルダム。横側から見るノートルダムが大好きですが、ライトアップされる時間に来るのは初めてでした。本当に美しい!写真にも収めましたが、じっくり自分の目でも眺めて、この姿を心に焼きつけました。

この出来事がたった一週間ちょっと前のことだっただなんて、何だか信じ難いなあ。そして、帰国して一週間経っても時差ボケがなかなか治りません。時差ボケになったことは今までなかったのですが。
Text & Photo by 
大好きな季節 Meine Lieblingsjahreszeit

美しいライトアップの街並みが広がっていて夜のお散歩もとても楽しくなりますね☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
水戸の千波湖で散歩 >>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.