おしどりの池

2017年5月30日

ここは、雲仙温泉街から1.5キロ離れたところにあります。
この池は、別所ダムの人造湖なのですが、冬になるとマガモやホシハジロなどの水鳥が越冬に来ることから、「おしどりの池」と呼ばれるようになりました。

もう、怖いほどに緑色に染まっていました。
池が緑色に濁るのは、植物性プランクトンが増えすぎた時で、そうなると魚は生息出来なくなくなります。
ところが、ここはヘラブナ釣りの隠れたスポットとなっているようです。
なんでも温泉の成分がヘラブナを肥大化されるのだとか?とか言われて、超ド級のヘラブナが泳いでいるそうです。

とても静かな所で、周囲2.7キロは遊歩道になっていて温泉街に宿泊した際はウォーキングを楽しむのにおすすめです。




夜は真っ暗で、星がよく見えていました。
池のほとりには、「大黒天磨崖仏」が祀られていてパワースポットにもなっています。

Text & Photo by 
九州ロマンチック街道

穏やかな景色がとても癒されますね☆夜の幻想的な景観もまた美しいです(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
京都の正寿院さんのハートの窓>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.