京都 湯の花温泉「翠泉」

2017年6月2日

日帰りで建仁寺とユキパリスを楽しんで帰宅。
そして翌日もなんとまた、京都駅に行っていた私です。
しかも今度の京都は1泊である。

京都駅から嵯峨野線に乗り、亀岡へ。

湯の花温泉「翠泉」 そのお宿は13室しかないので、なかなか予約が取れにくいという。
友達が半年ほども前から予約していてくれたのです。



京の奥座敷に喧騒を離れ、ひっそりと佇む隠れ宿的なお宿です。



客室はわずか13室
他にあるのは、温泉とアーユルヴェーダのスパだけ。



離れにあるプライベートな温泉です。
鶯の声に耳を傾け、緑の涼風に吹かれて入る温泉は、風流で贅沢な時間だわ~



日常では味わいえないような細やかな美食を、目で舌で楽しみます。



食の真心は、喉を通る一瞬で、食べる人を無口にする!(´∀`*)プププ~

お部屋のアメニティは全てロクシタン
そしてお部屋の冷蔵庫の中の物はご自由にと、ハイネケンや黒ビール、果実酒、100%果汁ジュース、お茶にコーヒー紅茶と、無料で飲み放題なんですよ。
ロビーにも、無料のコーヒー紅茶、ハーゲンダッツのアイスクリーム、アイスキャンディまで用意してくれています。

嬉しいおもてなしが押しつけがましくなくてさりげない。
でも残念ながら、小さいお子様は泊まれないらしいです。

上質なお宿で、ゆるやかに流れる時間に日常を忘れます。
鋭気を養った次の日は、亀岡から嵐山まで、保津川下りを楽しみました。



激流や深い淵、時に水しぶきの中、約14kmの保津川を、1時間40分ほどかけて嵐山まで下ります。



保津川下りは3度目ですが、季節が変わると、景色も川の水量も変わります。
四季折々に表情を変える渓谷は、何度来ても楽しめます。





船は嵐山、渡月橋のそばに着船します。



世界遺産である「天龍寺」など、嵐山をぶらりと散策して、帰路に着きました。

5月の京都続きでした。
四季の移ろいが町の魅力となり、地域によって、がらりと違う表情を見せてくれるのも京都です。

次々と訪ねてみたいところが増えていきます。
何度行っても、すぐにまた行きたくなる京都です。

*****

湯の花温泉「翠泉」
京都府亀岡市稗田野町湯の花温泉   TEL 0771-22-7575

「保津川遊船企業組合」
京都府亀岡市保津町下中島2   TEL 0771-22-5846
Text & Photo by 
十色生活

隠れ家的な温泉でのんびり贅沢な時間☆とてもリラックスできそうですね(^^♪自然たっぷりの川下りも楽しそう☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
鎌倉アルプス 天園ハイキングコース~鎌倉を全力でぶらぶら 2017 その9>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.