”真夏!のイタリア旅って、どうよ?! 2017年改定版”

2017年6月11日



【 ベンチヴェンガKasumi♪ROMAの イタリア夏のバカンス!オススメ♪ 】”イタリアの美し過ぎる、海♪”

昨今のイタリアは毎年のように猛暑が襲ってきて、暑すぎる~
なんてことを書くと、まるで真夏のイタリア旅は避けたほうがいいような
そんなネガティブ~なイメージになってきそう、だけれど、

ま、確かに、うだるような暑さの「町中」や「そんな地形」や「場所」での観光は
特に猛暑なんてことになってくると、ネガティブ炸裂なのは、事実です。←きっぱり!そんな暑さが襲ってくると、我が家もとても街中にはいられず近郊のビーチに避暑するくらいだもん。



それでも幸い、ローマは市内に海(オスティア)を抱え日帰りで楽々行き来できる、ビーチが近郊にもたくさんあるので



街中にいるのが苦痛な暑さ襲う日には、水着にならずも海に行って、ローマの人たちの避暑やバカンス風景を眺めながら海風に当たるだけでも気分すっきり、リフレッシュ!できていいわよー




また、ちょっと目線を変え、暑さ猛暑もなんのそのなイタリアのリゾート・バカンス地に目を向けたなら、一気にパラダイス!
イタリア人が愛して病まない、海へ行くもよしイタリア・ヨーロッパならではの美しくも独特な景色が楽しめるドロミテなんかの涼し~い夏山、世界遺産の地に足を伸ばし
ゆったりとした贅沢な時間が流れる、イタリアで真夏にしか味わえないヨーロッパの、それも、の~んびりとした雰囲気の中で楽しむヨーロピアン・バカンスを満喫!っていうのも、とーてもいいです!^0^



”グラン・ブルーのワンシーンみたい。。。”
グラン・ブルーは、私の大~好きなシチリア島のビーチ・リゾート地
タオルミーナが舞台になった、フリーダイバーの愛と友情を描いた映画なの

例えば、イタリアの最南端にあるイタリアで1番大きな島、シチリア島にある高級リゾート地タオルミーナは、オススメ!私がまだ日本で暮らしていたころに行った、2度目のイタリア旅行の旅先なんですけどね。グラン・ブルーのロケ地になった、断崖絶壁の洞窟の上にレストランがあるホテルを夢見て泊まりそれまでの夏に経験したことのない、の~んびりとした優雅でバカンスとなりとても気に入り。
それからというもの真夏のイタリア旅は、ローマなんかの町は1-2泊に押さえ(↑町のほうも、ちょっとは行きたいでしょ! トレヴィの泉とか外せないし^0^♪♪)
リゾート地での宿泊をメインにした、リゾート・バカンスにしてローマに住むようになるまで、ずーっと楽しんでたんです。




ほか、私が実際に行った、オススメ!「ローマから行く!行きやすい&おすすめイタリア夏♪のバカンス地」は北イタリアなら山や湖が楽しめる「世界遺産・ドロミテ」は、ローマ・テルミニ駅から列車フレッチャで1本4時間半。南イタリアなら「世界遺産の町・パレルモ」は、ローマから飛行機で1時間とプルマン約40分で街中到着が行きやすくて便利です。
組み合わせはね

1.ローマの町+プラス、ローマやローマ近郊のビーチで、ちょっぴりプチ避暑
2.美しいリゾート地 +プラス、ちょっぴりローマの町をめぐる旅
3.ローマやローマ近郊のビーチでプチ避暑の肌慣らし+プラス、美しいリゾート地で本格的バカンス 

軽く3つに絞ると、こんな感じかなー
2種類のリゾート地♪
ガイドブックから雑誌・テレビで紹介されるような、よく知られたリゾート地は
観光客で溢れる半面、ツアーありの情報量は多いので、個人で簡単に調べて行ける行きやすさが利点になり。
逆に観光客はおらず(どこででも見ることができるようなありきたりな景色しかないため人がやってこない場所、ではなく!)も、ヨーロッパに住んでいる人たちがバカンス目的で訪れる、静かで美し~い場所なんてものがイタリアにもあり 、これがまた、とーってもいいんだよー←(●^ω^●) ♪ イタリア上級者向けかなー ♪  
ということで、遥々と遠~く離れた日本から、時間とお金をかけて、せっかくやって来るのなら!真夏!のイタリア・ヨーロッパな・ら・で・はの世界遺産を含む、美し~い景観や独特の雰囲気etc.が楽しめるようなところをぜひ!旅していってくださいね、オススメです♪☆☆☆☆☆←堂々の5つ星~(^_-)‐☆ 
Text & Photo by 
ROMA - PhotoBlog

最高のコバルトブルー☆とても美しいビーチでのんびりバカンス楽しみたい(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
白鷺公園の花菖蒲(1)@2017-06-02>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.