三室戸寺(みむろとじ)の紫陽花を愛でる… @京都・宇治

2017年6月19日



梅雨にはいって各地であじさいが咲き始め、私たちの目を楽しませてくれるようになりましたね。
上の写真は、先週の日曜日に京都・宇治にある三室戸寺(みむろとじ)で撮ったものです。三室戸寺は初めて訪れた場所だったのですが、お寺の広い境内には「あじさい園」があり、この時期1万株のあじさいが私たちを出迎えてくれるとのことで、行く前からとても楽しみにしていました。
京阪電鉄宇治線の三室戸駅からゆ~ったりと歩いて約20分…
私たち夫婦は、三室戸寺の朱塗りの山門からいよいよ境内へとはいりました。お寺の境内のマップは、こちらをごらんくださいね。お寺の山門付近一帯が「あじさい園」になっており、そこからさらに進んで境内の一番奥、階段を上りきったところに本堂があります。私たちは、まず一番高い位置にある本堂にお参りしてからあじさい園を観ることにしました。



三室戸寺は、西国三十三所の第十番の札所でもあります。この日は、雨は降らなかったもののほぼ花曇りの一日でした。 にもかかわらず、やはりあじさいで特に有名なお寺なので大勢の方々で賑わっていましたね。写真を撮るのが少し大変でした…




私たちは、写真の右に少し見えている階段を上って…




本堂まできました。



こちらは本堂を少し横から見たところ…
本堂の右側に、阿弥陀堂、鐘楼、そして一番奥に三重塔が見えます。





本堂の近くまで戻ってみると、何やら石造りの牛の像の前で行列ができていました。
とりあえず私たちも並んでみることに…こちらの像は「宝勝牛」と呼ばれているもので、大きく開いた牛の口の中に“石の玉”があり、これをなでると勝運がつくのだそう…私たちも、口の中にある石の玉をしっかりなでてきました。そして再び階段を下り、私たちはいよいよあじさい園へ!



あじさい園の近くには、こんなお庭もあります。



あじさいは、全体的には五分咲きといったところでした。開き始めたばかりの花びらもあり、みずみずしくてとってもかわいい…まだつぼみのものも結構ありましたよ。







あまり見かけたことのない、珍しい花びらのあじさいもたくさん!



園内の細い道の両側にはり出すようにたくさんのあじさいが咲いていて、どれも本当にきれいで目移りしちゃう!こんなにたくさんのあじさいが咲いているのを観たのは初めてかも…たくさんのあじさいに囲まれて、本当に幸せなひとときでした。皆さんそれぞれカメラを携えて、思い思いにあじさいを激写されていましたね。私たちも、もちろんたくさん撮りましたよ。



最後に、三室戸寺でおみやげに買ったものをふたつご紹介しますね。

まず写真左側は、三室戸寺の「あじさいのお守り」…ハートのあじさいを見つけると、恋がかなうという言い伝えがあるんですって…なのでこれは縁結びのお守りなのかな、と思いますが、あまりにもかわいかったので買ってしまいました。これからも素敵な方々とのご縁に恵まれ、素敵な毎日を過ごせますように、との願いをこめて…なお、こちらのお守りですがお寺の入口近くでも販売していて、(入場券を販売しているあたりです。)ここだと並ばなくてもすぐに買えるのでおすすめですよ。そして写真右側は、お寺を出たところで販売していたあじさいの和菓子…
見た目もかわいいんですが、和風のゼリーでおいしくいただきました。

三室戸寺のあじさい園は(2017年)7月9日(日)まで開園していて、開園時間は8:30~16:30です。とっても自然豊かで落ち着いたお寺なので、機会がありましたらぜひお出かけくださいね。
三室戸寺の公式サイトはこちらです。→ 

(6月11日撮影)
Text & Photo by 
趣味とお出かけの日記

とても可愛らしい色とりどりの紫陽花で溢れていて見応えがありますね☆紫陽花のグッズもとてもキュートです(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
花美しいアブルッツォ>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.