神戸帆船フェスティバル@2017-07-15

2017年7月22日

神戸開港150年記念として、「海フェスタ神戸」が7月15日(土)~8月6日(日)まで神戸港周辺で開催されています。
初日の15日(土)~17日(月)までは、「神戸帆船フェスティバル」が、かもめりあ・中突堤・新港第1・2突堤及び周辺海域で開かれ、国内外の帆船と海技教育機構の練習船が神戸港に一同集結しました。

帆船パレードの観覧や、船内一般公開、セイルドリル、夜間イルミネーションの点灯など、イベント目白押しです。
初日の15日の土曜日に、ライトアップだけを見に出かけて来ました。
6時過ぎに神戸港へ着いたのですが、その時には、もう「日本丸」は出航していました。もう少し早く着けば良かったです。

6時30分過ぎの「海王丸」





この「海王丸」は2代目で、船員教育訓練以外に海洋教室や体験航海で、一般市民も乗船出来ます。
公益財団法人海技教育財団の所属、全長110.09m 総トン数2556トン




「パラダ」1989年に建造された練習帆船で、海技学校や水産学校の学生の研修船です。
所属は、ロシア極東漁業技術大学。全長108.60m 総トン数2284トン




「パラダ」の隣には、「コリアナ」
韓国唯一のセイルトレーニングシップ、韓国国際海洋年研究院所属、全長41.00m 総トン数135トン




「青雲丸」



西の方角では、もう陽が沈みかけていました。



「海王丸」と夕陽




そうこうするうちに、あたりは随分暗くなってきました。

ライトアップが始まった「大成丸」





「パラダ」のライトアップも綺麗です。





「海王丸」
人がいっぱいで、なかなか人を入れないで写真を撮るのが難しい。







ポートタワーを露光間ズームで遊んでみる。



「咸臨丸」
1857年に江戸幕府がオランダに発注した「咸臨丸」を復元した帆船です。





夜景を撮りながら、帰途へ着きます。







結局、ライトアップの終了前の10時頃まで、ぶらついていたので、家へ帰ったら11時30分を回っていました。行きは、阪神電車の元町駅から神戸港、そして、帰りは、JRの神戸駅から帰ったので、結構歩きました。さすがに、疲れた。(どんだけ歩かすねん、神戸港。)
あっ、「海フェスタ神戸」のイベントの最終日は、8月5日の「第47回みなとこうべ会場花火大会」です。
それまで、色々なイベントが続きます。
Text & Photo by 
(新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

大迫力の船に魅了されてしまいますね(^^♪ライトアップされている模様はまた違った美しさがあってとても素敵です☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
モルディブローカル島 ダラバンドゥ島へ>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.