桑名水郷花火大会 2017年

2017年8月1日

昨年、蒲郡まつり納涼花火大会へ行って良かったので、今年もぜひ行きたかったのだが、残念ながら予定が合わず、急遽、桑名水郷花火大会へ。 桑名水郷花火大会は訪れるのは今年が初めてとなるのだが、結論から言えば、かなり見応えのある花火大会だった。まず、大会名にある「水郷」とあるのに相応しく、揖斐川の中州付近から花火が打ち上がるので、風情ある景観の中で花火鑑賞ができる。花火の数も多いし、一発の大きさも2尺玉が上がるので迫力がある。特にNTNという企業が大きなスポンサーのようだが、中盤にそのすごい盛り上がりがある。他の花火大会と違うのが、そこがピークで最後はそれ程でもといった感じだ。逆に言えば、中盤が凄すぎるので最後がそれ程でもと感じてしまう要因もあるかとは思う。ただ、通常、花火大会は最後にピークがあるイメージなので、少し不思議な感じで終わった印象はある。確かに終わってから考えてみると、中盤から帰る人が目立ち始めていたので、単純に混雑緩和が目的なのではなく、おそらくこの花火大会では毎年中盤にピークがあるのだろうと納得させられた。若干不思議な点はあるが、それでも十分に見応えのある花火大会だが、その分人でもかなり多いので覚悟は必要だ。


桑名水郷花火大会(2017年7月29日)曇り時々晴れ













Text & Photo by 
尾張名所図会を巡る

見晴らしが良く水上で打ちあがっている感じが涼しげで良いですね(*^^)

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
モルディブローカル島 ヴァ―ヴ環礁ティナドゥ島に行って来ました【その1】>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.