一茶双樹記念館

2017年8月24日

千葉県は、流山市に一茶双樹記念館があり、行ってみました。




みりん醸造の創始者の一人である秋元家と小林一茶が親交があり、この地を訪れていたのだそう。



秋元家の本家、素敵な佇まい。



「ラムネあり」が似合うな~



お抹茶とお菓子を頂けると言うのにつられて茶室も見学。



暑い夏を涼しく過ごすための知恵が詰まっているんですね~す~~~っと風が通り抜けて行きました~




お庭も素敵。



青楓と言うには、季節がもう遅いのかな?




木々に囲まれて




とっても爽やか



縁側でぼんやりしてみました



ひざ下を、12か所、蚊に食われました。久しぶりに蚊に食われたな。



夕月や流残りのきりぎりす句碑が立っていました。



記念館の周りは、なかなか風情があり、散歩するに丁度良い感じ。



にゃんこ先生もお昼寝。夏らしい、暑い一日でした。
Text & Photo by 
miccaの三日三晩

風情がありとても落ち着く空間ですね(^^♪庭園もとても綺麗でのんびり眺めながらゆっくりしたくなります☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
サイクリングとひまわり in Switzerland♪>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.