子連れインド旅行2017!ポンディチェリの夜の巻 La Villa Shanti&SURGURU

2017年8月29日

今回の旅行で一番楽しみにしていたのが、ポンディチェリにあるLa Villa Shantiに泊まること。インドってだいたいイギリスの植民地でしたが、ポンディチェリはフランスの植民地だったのです。ラ・ヴィラ・シャンティはそのフランス人居住区にあるホテルで、19世紀の古い植民地時代の建物を改装して、フレンチコロニアルとインドのテイストとうまくミックスさせてあるらしい。
↓これは翌朝撮った写真ですが、フランスぽいエントランスわかるでしょうか。







全室15部屋で、みんな中庭に面しています。部屋の鍵もレトロ!映画ラ・マンっぽい(?)我々は9号室。



部屋に入ってまた興奮!!まずこのベッドサイド?タイルの座れるコーナーが壁一面に。めっちゃ好み





上の白い丸は、ライトじゃなくて扇風機。ぶんぶん回っているので羽根が写らないですが、、、



クローゼットも広々。ウォークインクローゼット的なつくりです。



洗面所。かっくいいです。白い大理石に、民芸品チックなかごや小物の使い方がすてき。



石鹸も、ソープディッシュもかわいい!!これも大理石マジックだと思うんですが、、、このディッシュ欲しいなぁ



シャワールーム、ほんの少し写っているけど左はベンチになっていて、座りながらシャワーを浴びられるようになっています。



アメニティが、インドでなんでこんな高いの?!というアーユルヴェーダのメーカー、KAMAのやつ!!キャー



ここは、チェックインの際に入ったレセプションルームなんですが、やっぱり天井高っ!



すごく天井高いの伝わりますか??



すっごく美味しい、トロピカルティーみたいなのを持ってきてくれました。心底おいしくて!!もう部屋に入る前からマジックかかりました。




このアメコミみたいなマハラジャの絵がツボ~!!




部屋のDon’t disturbのやつもかわいい。右に写っているのはルームサービスシートで、マッサージとかそんなに高くなかったです。将来、ゆったり過ごすポンディチェリの旅ができれば、受けてみたい。



お土産屋さんはないけど、少しだけお土産も販売されています。プラかごみたいなのと、あとルンギを首ひもにしたネックレスなど。オリジナルデザインなのかな?かわいい。







さて、晩ご飯へ。これもTRANSIT35号情報で、スルグルというところが美味しいと書いてあり、スルグル、スルグルと言ってると「SURGURU・・・サルグルやん!!」と突っ込まれ、Google先生だとNo. 99, Mission Streetの系列店が出てきたんですが、無事見つけたこちら。



SURGURU RESTAURANTの下に、Pure Vegetarianと書いてあれば正解です。



これが住所。一番印刷ずれてないのがこれでした。。。104, Sardar Valabhai Patel Salai, Thiruvalluvar Nagar, Puducherry です。
ナプキンにHOTELとありますが、実際系列ホテルもあるようです。










TRANSITには、コリアンダーのピクルスが激ウマと書いてあったんですがわちゃわちゃしていて頼むの忘れてました。。。バナナのワダ=VAZHAI POO VADAI、それがなんかめちゃくちゃ美味しくて、このインド旅行で一番美味しかったかも。。。ただ、この写真はひどいですが、、、



MYSORE RAVA DOSAI




CORIANDER UTHAPPAM



IDYAPPAM MILK&KURM



GOBI 65(カリフラワーのスパイシーカリカリフライ)



バターミルク。本当にこのお店美味しくて、またいつか行きたいです。



ごちそうさまでした!!
Text & Photo by 
おみやげMYラブ ~ブログ版~

とても可愛いデザインのお部屋に興奮してしまいますね(^^♪こんな素敵なホテルだったら毎日でも滞在したくなっちゃいます☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
古都奈良 元興寺の桔梗>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.