正寿院・風鈴祭♯1

2017年9月5日

今年の夏がはじまって、ずっと気になっていた宇治田原町の「正寿院」さんを訪れました。
15時到着にもかかわらず、大きな駐車場がほぼ満車!ギリギリ二台がおけるタイミングでラッキー。



正寿院さん本堂がある門をくぐると、すぐに風鈴が出迎えてくれます。
風に揺られてキラキラ鳴る風鈴の音と、そよぐ風が心地よくて、これは長居してしまいそうな予感♪



それにしても「風鈴まつり」の名だけあってすごい数の風鈴たち。
風が庭を駆けていく様子が、風鈴が奏でる音と、踊るように揺れる短冊で楽しめるのが良いですね~♪



撮っても撮ってもキリがない、そんな楽しい正寿院さんの「風鈴まつり」です。



ここ正寿院は800年程前の創建と伝えられる、高野山真言宗のお寺さん。
その歴史を伝えるのが御本尊の十一面観音菩薩像、と仏師・快慶作とされる不動明王坐像です。ただし御本尊は秘仏(50年に一度の開扉)なので普段はそのお姿は見えません。それでも観音様を心で感じながらお参りをしたいですね。
正寿院さんの拝観では御住職の説法も授けられ、お茶とお菓子で接待くださるそう。さらに本堂でヨガ体験などの催しを企画されたりと、人気の理由は、ハート猪目窓・天井画・風鈴まつり等だけでは無いのが理解できます。
柔軟な発想で時代に沿ったお寺として大変魅力的だと思いました。
晴天・土曜日も影響してか?本堂拝観は16時前でも長蛇の列、きっと客殿も・・・と言う事で、今回は「風鈴まつり」に集中して、次回の訪問時に合わせてじっくり拝観したいと思います。町役場近所で、改めてナビで近隣施設検索すれば簡単に見つかるだろう…と、気安く思ってたらかな~り手間取りました(汗)宇治田原町は約35年前(高校時代)に1、2度程訪れたきり(その時は電車とバスを乗り継いで片道2時間半以上の道のり)、改めて来てみると当時感じていた以上に町の規模が大きい事に驚きました!ふつうは逆ですから。盆地の地形ですから目の前に見えている集落だけが、宇治田原の町と思い込んでいたようです(笑)何もかもが青かったンですね~。
Text & Photo by 
あ お そ ら 写 真 社 

色鮮やかにキラキラと光る風鈴がとても華やか☆風にそよぐ姿はもっと美しいんでしょうね(^^♪人気があるのも納得です☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
青色の梅田の街>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.