鶴見緑地の国際庭園

2017年9月5日



8月20日  国際花と緑の博覧会(1990年)の、それぞれの国で特徴的な伝統的庭園が残る国際交流のモニュメント施設です。55の庭園が今も残されていますが、建築物は老朽化し、当時植栽された植物も激減。その中の国際庭園を少し廻ってきました。当時の面影が少し残っていて独特の雰囲気を醸し出していました。関係機関との調整を図りつつ、これから少しずつ整備をしていく予定だそうですです。 写真は「タイ」です。



「ネパール王国」











「スリランカ」



「モロッコ」







「イラン」



「スペイン」







「中国」



「国連」 奥に見えるのは「平和の鐘」  これから少しずつ整備されていくのが楽しみです。
Text & Photo by 
彩の気まぐれ写真

色々な国のモチーフのモニュメント、見て周るとワクワクしちゃいますね(^^♪今後がさらに楽しみです☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
リノベーション・ゲストハウスに宿泊>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.