江戸花屋敷 向島百花園 1

2017年9月18日

昨日、友人と
東京墨田区にある向島百花園へ行きました。



秋の七草や萩の花のトンネルがあり
200年の歴史がある江戸の花園。





夏のなごりの
江戸風鈴の音色も心地よく秋風に揺れていました。


江戸の文化が花開いた文化文政期骨董商を営んでいた
佐原鞠嗚(さはらきくう)が交遊のあった文人、
墨客の協力を得て開いた草木観賞中心の庭園です。



萩の花は、園内の至るところで観ることができます。

特徴として、春の七草、秋の七草が
植えられ





立札の周辺に秋の七草

桔梗や女郎花、萩などが咲いていました。

秋の草花はわりと小さい花が多くて
緑の中でひそやかに咲いているといった感じです。
そういうところに奥ゆかしさを感じます。


藤、葛、ミツバアケビ、ヒョウタンなど蔓性植物のつる物棚があり



瓢箪のつる棚


秋には、竹で編んだトンネルに萩を這わせた

萩の花のトンネルが咲くので知られています。



萩のトンネルの見ごろは、
9月下旬




水辺には




萩の花も咲き始め



スカイツリーと江戸の庭園、新旧の融合



ようやく、少し涼しくなり始めたので久しぶりに
カメラをもって都内へ出かけました。


風も前日より湿気も少なく爽やかな一日でした。

向島百花園での花々、
次回は、秋の花の写真をアップします。
Text & Photo by 
暮らしを紡ぐ

素敵な秋の風景をたくさん楽しめそう(^^♪萩の花のトンネルとても素敵です☆都会の真ん中にあるとは思えない癒しの空間ですね☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
【仁和寺】夏の帰省 - 16 ->>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.