ボブスレーのようなソリ滑りが楽しめ、動物とも触れ合える遊園地「Steinwasen Park」

2018年1月26日



今日は、フライブルク郊外の「黒い森」の中にある
ちょっと個性的な遊園地をご紹介します♪「Steinwasen Park(シュタインヴァーゼン・パーク)」という遊園地です。

※4月~10月のみ開園していて、冬の今はオフシーズンなのですが、ブログでご紹介しそびれそうなので、今日記事をアップすることにしました。ご了承ください!
黒い森の中に作られた遊園地。もうロケーションからして個性的です!
私たちが行ったのは去年の9月初旬。(すみません、ずいぶん前の話で^^;)夏休み最後の思い出に♪ということで、初めて訪れてみました。
トップの写真の景色を見て、紅葉の季節に来たら素敵なんだろうな~とも思いましたが、11月からは閉園となるように、標高が高い場所にあって寒いので、やっぱり夏に行くのが最適だと思います!
私たちは、秋ものの上着などを着て一応寒さ対策をしていったつもりでしたが、甘かったです・・・。
思った以上に寒くて、しかも風を切って滑るそり滑りがメインなので、体がかなり冷えました。



切り取った画像で変なサイズですが(息子の顔が
アップで写っている写真だったので・笑)、
二人乗りのそりに乗って、ジェットコースターの
ようなレールの上をゆっくり上っていく
ところです。

そりにはブレーキもついていて、スピードが
調節できるので、いつも5歳の息子&私、
9歳の娘&夫、という組み合わせで乗りました。
お姉ちゃんはスピードガンガン出したいので、パパと!



写真ではちょっと分かりづらいですが、
自然の中を風を切って滑るのは、
とっても爽快でした!

もう何度滑ったか分からないくらい、
繰り返し繰り返し楽しみました!



もう一つのタイプのそり乗り場には、
リフトに乗って行きます。



高~いところに長いつり橋があり、
これもアトラクションの一つ。



このつり橋からは、園内の様子がよく見渡せます。



こちらは、リバー・スプラッシュ。
私は一回乗って、酔ってしまいそうだったので
2回目以降は3人で乗ってもらいました。

子供たちはかなり気に入っていました!



お城のような建物がかわいいです♪




ここには動物がいて、観察したり
触れ合えたりするのも魅力的。

↑ロバがうろうろしていて、すぐ近くに
行ったり、触ったりすることができます。



鹿さんたちは柵の向こう側にいましたが、
自動販売機でえさを買って、あげることができます。

他にもいろいろな種類の動物が
自然の中にいて、「どこにいるのかな~」
と探しながら園内を歩き回るのも
楽しかったです。

自然と、そり滑りなどのアトラクションを
融合させた遊園地。開園~閉園まで、
家族みんなでたっぷりと楽しみました!

「Steinwasen Park」
http://www.steinwasen-park.de/
Text & Photo by 
ドイツの優しい暮らし Part 2

動物たちと思う存分触れ合うことのできる遊園地って最高ですね☆自然も豊かで子どもにたくさんの良い影響が与えられそうです(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
青の誘惑>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.