大阪天満宮・盆梅と盆石展

2018年3月18日



大阪天満宮で開催中の「盆梅と盆石展」に行って参りました。

盆梅の梅は、また違った美しさを感じさせてくれますね。

一部まだ、見頃前のものがありましたが、それは仕方ないですね。十二分に満足できました。

先ず、最初に出迎えてくれたのが、金屏風の前に置かれた樹齢100年の白梅「鴬宿」。





「大鏡」などに次のような「鶯宿」の有名な故事が記されていますね。


平安時代、村上天皇のとき、清涼殿の前の梅が枯れたため、西京のある家から掘り取らせてきたが、木の枝に「勅なればいともかしこし鶯の宿はと問はばいかが答へん」という歌が結び付けてあった。天皇はその家の主が紀貫之(きのつらゆき)の娘、紀内侍であったことを知り、深く感じ心残りなことをしたと思ったという故事。

これも、金屏風の前に置かれていた樹齢150年の「桃山」。



金屏風の前に置かれていることから判断すると、他の梅に比べても秀でているということなのかな。個人的には、他の盆梅も負けずと美しいと思うのですが。正直言って、私にはよくわかりません(笑)。


その他の盆梅もこんなに美しい。











幹もこんなに力強い。





(撮影:3月4日)
Text & Photo by 
たんぶーらんの戯言

樹齢100年超えの梅はとても立派で華やか☆存在感が際立っていて見応えがありますね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
大崎で遊ぶ~感覚ミュージアム>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.