京都、高台寺

2018年6月6日

緑豊かな東山、高台寺(通称、ねねの寺、正式には高台寿聖禅寺)を訪ねた。
豊臣秀吉歿後、その菩提を弔うため秀吉夫人の北政所(ねね、出家して高台院湖月尼と号す)
が1606年に開創した寺。



通称、ねねの道から石畳の台所坂を上って高台寺へ

緑滴るエントランスは高台寺を特徴付ける景観の一つ。
ねねの道を挟んで圓徳院はねねが普段過ごした場所。
ねねさんもこの坂道を何度も歩いたはず。



庫裏(正面)と方丈(右)



庫裏北側の緑の小道(受付からの拝観経路)



書院からつながる観月台(橋)と偃月湖。橋の右奥は開山堂
庭園は小堀遠州作で国の史跡・名勝に指定されている。



方丈前庭



中門と開山堂
開山堂天井には北政所の御所車の屋根、秀吉が使った御船の天井が使われている。



開山堂から霊屋につながる臥龍廊
霊屋には秀吉と北政所の木像を安置。須弥壇や逗子には高台寺蒔絵が施されている。
北政所の遺骨は像の真下に葬られているという。



時雨亭(手前)と傘亭(奥)
伏見城から移築された利休の意匠によると伝わる二つの茶室。



境内の竹林。広大な境内ならではの風景。
Text & Photo by 
AREKORE

新緑がとても美しく見事な景観が広がっていますね(^^♪散策していると心も穏やかになります☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
山形の秘湯「姥湯温泉」>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.