カンボジア旅・シェムリアップで遊ぶ

2018年6月19日



カンボジアの一番のハイライト・アンコールワット。
アンコールワット遺跡の拠点になるのがシェムリアップです。
首都・プノンペンには行かずともシェムリアップに行く旅行客がいるほどで、街は外国人観光客を受け入れる環境がバッチリ整っています。
物価もプノンペンよと同じか、ちょっと高いものもあるほどですが、シェムリアップは楽しい街です。
宿はプノンペンで気に入ったone stop hostel。
シェムリアップにも支店があるということで、予約していました。やっぱりここも良かった!



同じ建物にスーパーマーケット。
そして後ろを振り向くとパブストリート。



パブストリートが近くにあるので、夜遅くまで騒がしいエリアではあります。
しかし、建物のベッドがある部屋のドアが二重になっていて静かで快適でした!

一階のコモンルーム・受付があるスペース。



部屋に通じる階段。雰囲気が良い!



ここもまるっとツアーを引き受けてくれます。
アンコール遺跡のサンライズと6時間で有名遺跡群をめぐるツアーに申し込みました。



シェアツアーなので6ドルでした。安い。4時半ピックアップです。覚悟!



夜のパブストリートです。バンコクのカオサンロードにもある、ゲテモノたちがシェムリアップにも。



バーベキューもやっています。



最近は路上販売が厳しくなったこともあり、こんなエリアもできたそうです。





水槽に誰も座っていないから、魚だけ泳いで綺麗でした。



モダンなのより、ローカルもいるところがいい!



夜遅くまで市場も元気です。





雑貨も日常品から



お土産までずらり。



なかなかの高値でふっかけてくるので、値引き交渉頑張りましょう!
カンボジアの巻きスカートが可愛くて、たくさん買いました。



おしゃれなエリアもあります。高級レストランからカジュアルなレストランまで。





私は相変わらずのストリートフードを。



アモック!辛くないグリーンカレーみたいなところでしょうか。



1ドルのココナッツライスケーキ!



出来立てはあついー!米粉でもちもち!美味でした!



ソムタムがバイクで売りにきました



そしてお茶をして帰るというパターン。
Joe to go。感じがよくオススメです。



また別のお店。開放感がいいです。





帰りながらフレッシュジュースを買って、飲みながら帰ります。
こういうところを旅していると、こういう習慣ができてしまいました。



朝からアンコールワットへーー
Text & Photo by 
Da bin ich! -わたしはここにいます-

夜の繁華街は歩いているだけでもワクワクドキドキ☆目に映るものすべてが気になっちゃいますね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
バラ満開の星の王子さまミュージアム♪>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.