明治神宮花菖蒲田

2018年6月24日



パンフによりますと、
江戸時代は稲田だったそうですが、昭憲皇太后のため明治天皇の指図で花菖蒲田にされたそうです。
周囲の斜面には、モミジ、ヤマブキ、サツキ、ハギが植えられ
花菖蒲を眺める丘には茅葺のあずまやが添景となっています。
立ち姿が美しい江戸系の原種150種、1500株が植えられています。

なにせ濃い緑に囲まれた花菖蒲田は川が流れているようで、水も湧き水、好きな風景です。











Text & Photo by 
お散歩写真 O-edo line

見渡す限り広がる花菖蒲に心癒されますね(^^♪やさしい色合いがしっとりとした梅雨の時期にピッタリです☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
北鎌倉 明月院>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.