初夏のひとり山歩き

2018年6月27日

6月 9日 土曜日
梅雨入り宣言されたばかりだけど
早速の梅雨の晴れ間は空の色も緑の色も とても濃いのです



落ち切った体力を回復すべく、お気に入りの低山ひとり歩きです。
道樹山 → 大谷山 → 弥勒山の 縦走。
私の足では、頑張って歩くと約時2間半。
弱った足をかばいながらゆっくりと時間を気にしないで歩きました。



前日の夜は、かなりの雨が降っていました。
水たまりに映る緑を踏みしめて、第一歩。



この日の同行者の葉っぱヤロー情けない顔をしています(´艸`)



6月この山を初めて歩いたのも6月でした。
もう5年も前のこと。その日、私は山歩きなどもしたことがなく、
低山ということもありとてもナメていてあっという間に脱水。
熱中症。途中であえなく下山することに。
それがとても悔しくて、そしてどんどん山にハマっていく~。



初夏の山は、様々な小鳥達の声と緑の香りにあふれています。
生命力を一番感じる時期でもあると思う。
かなり蒸し暑いので、ポカリスエットをこまめに飲んで。一歩一歩。





大好きなコアジサイは まだ咲き始めちょっと残念






野性的なのにとても可憐なコアジサイ満開になる日はもう少し先でしょうか。

6月、ここに来る楽しみは、3つあります。
その中でも一番の楽しみは このコアジサイだったので
少し残念だったけれど


二つ目の楽しみヤマボウシ




コアジサイの咲いている ほんの少し先の頭上に真っ白なひらひら。
ヤマボウシは今が見ごろとなっていました。
首が痛くなるほど見上げて、ズームで撮ってみる。
どの花も、私の身長より高い位置で咲いているのでどんなに頑張っても横からの姿。ま、いっか。

大きな木なので、全景をうまく撮ることができません。ま、いっか。



そして、三つ目萩




萩は、これからは様々な道々で見る事ができるのでしょう。
けれど、私はこの場所の この角度から見る萩がもっとも好きです。
右の道に、山歩きの親子連れなんかがいると もう最高なんだけど少し待っても 誰も来ないので(笑)
とりあえずはこの場所をひきあげる。





時に大きく、時にささやくように聞こえる野鳥たちの声とともにひとりで歩く 至福の時間。

Text & Photo by 
すずめtoめばるtoナマケモノ

大自然に囲まれて、木々の隙間から差し込む陽の光に癒されて、とても気持ちの良い時間を過ごせそうです(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
多可町 ラベンダーと岩座神の棚田>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.