ぬかた園地の紫陽花(1)@2018-06-28

2018年7月21日

今年、初めて行ってみた、府民の森「ぬかた園地」の紫陽花です。そして、今年最後の紫陽花です。



ここの紫陽花園は、以前から気にはなっていたのですが、なかなか行く事が出来ずにいました。
今まで何回か、近鉄の枚岡駅からハイキングコースを登って「暗渓の滝」の写真を撮りに行った時に、案内板があって「きっと紫陽花の頃には綺麗なんだろうなぁ」といつも気になっていました。ただ、この「ぬかた園地」へ行くまでが、ちょっと大変です。
3つの行き方があるのですが、まずは、近鉄奈良線「額田駅」または「枚岡駅」下車。摂河泉展望ハイキングコースを約徒歩80分か。同じく近鉄奈良線「石切駅」下車。辻子谷ハンキングコースを徒歩約80分。そして、歩く距離は、一番短いのですが、近鉄奈良線「生駒駅」下車。近鉄生駒ケーブル「鳥居前駅」乗車、「生駒山上駅」下車約30分です。
ただ、このコース、行きは、下り道なのですが、帰りは、必然と上り道。散々悩んだのですが、やはり、このコースを選びました。
もう、このブログでも、すっかりお馴染みの生駒ケーブル。日本で最古のケーブルです。
例のごとく、一番前の席をゲットで動くケーブルカーの中からこの写真を撮りました。



この日は、生駒山上遊園地が休園日だったために、森閑とした遊園地を抜けて、いよいよ「ぬかた園地」を目指します。
これを右へ・・・・やはり・・・・予感はしていたけれど。



思った通りの、寂しげな山道でした。



この道を、約20分程、ずっと下って行きます。
トンネルを抜けて~。



心が折れそうになりながらも~。



帰りは、この道を、また登ってくるのかと、思いながらも・・・
途中で登ってくる人の、とってもしんどそうな顔を、チラ見しながらも。



そして、暫く行って、この案内板を見た時には、どれだけホッとした事か。



やっと、「ぬかた紫陽花園」に着きました。
この幟の右側の階段を下りて来た所です。



「ぬかた紫陽花園」は生駒山の西方標高500m~550mの地点に、約1500mのプロムナードが設置され、30種約2万5千株の紫陽花が植えられています。2万5千株って!!半端ない数です。



どう回っていいのか、よくわからないままに、プロムナードに沿って歩いてみました。
初めて行く所は、どれくらいで回れるかもわからないので、少し不安もありますね。





































もう、どこを見ても一面の紫陽花、圧巻です。この日は、以外と人も少なくて、他の方とすれ違う事も少なかったのですが、それでいて、どこかで常に人の声が聞こえるので、心細くはなかったです。
Text & Photo by 
(新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

圧巻の迫力を見せる紫陽花☆行き来は大変そうですが、それをも超える美しい景色が見られるので嬉しいですね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
【星野リゾート青森屋/たんげ花見まつり】青森旅行 - 17 ->>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.