第43回 京の夏の旅 「角屋」 其の一

2018年8月10日

7月29日、台風12号が通り過ぎた日、京の夏の旅で公開されてる島原の「角屋」に行って来ました。



1.島原の面影。
現存する日本唯一の揚屋建築。



2.格子の美学。



3.金具の猪目模様。



4.怪しいお面。
門をくぐった裏側に飾られてる怪しいお面。



5.家紋の暖簾。
蔓三つ蔦の家紋。



6.玄関。
右がお客さん用で、左が使用人用。



7.刀傷。
新撰組が付けた刀傷跡。



8.火袋。
大きな台所。



9.三宝荒神。
台所の神様を祀る為の飾り竈。



10.お竈さん。



11.八方。
配膳場にある「はっぽう」と呼ばれる、吊り下げ型の照明。
床に置く行灯だと、行き来する人が転かしてしまう為に、吊り下げられてます。



12.貫禄の布袋様。
煤けた姿が、時代を感じさせます。



13.西郷どん。
只今大河ドラマで放送されてる、西郷隆盛もここに来てるんですね。
行水に使ったたらいが残ってました。



14.古いお札。
柱に貼られたボロボロのお札、梵字が妖しさ醸し出してますね~。



15.神棚。



16.刀箪笥。
建物に入るには玄関で刀を預けて、こちらに保管されたそうです。



17.番頭さんの指定席。
玄関脇にある帳場、ここからお客さんが入って来るのを見て対応されたんでしょうね。



18.桐の壁紙。



19.雨上がりの玄関。
それでは、宴会場の方へまいりましょう。
Text & Photo by 
デジタルな鍛冶屋の写真歩記

細部までこだわったとても美しい揚屋建築☆江戸期にタイムスリップしたかのような素敵な空間ですね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
星降る夜 ~天の川>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.