御射鹿池

2018年9月9日

長野県茅野市、奥蓼科高原に「御射鹿池(みしゃかいけ)」というため池がある。
農業用水用のため池ですが美しい風景であることから、絵画のモチーフとなったり、
CMの背景としても使われている。初めて行きました。



御射鹿池。
言われている通り、透明度が高く、木々の緑を美しく反射させていました。
高透明度については、鉱泉を含むことから酸性で魚が棲まないからという。
また美しい緑の反射は、湖底に酸性水を好む緑のコケが繁茂しているためとのこと。
ところで御射鹿池の下には横谷峡があり流量豊富な渋川が流れているのになぜため池がと不思
議に思えますが、標高が1500mを越え水が冷たく、そのままでは農業用水としては使えなく、
一時的に滞留させ温めるために造られたという。昔の人の工夫に驚きました。



絵画やCMに採用されている構図(素人写真で御免なさい)
東山魁夷画伯は「緑響く」(1982年)で池の向こう岸に白馬を配して幻想的な風景を描いた。
絵のように美しい風景をしっかり撮るには天気が良く風のない朝が良いという。



おしどり隠しの滝
御射鹿池から歩いて15分位のところに渋川沿いの滝の一つ、おしどり隠しの滝がある。
先に触れたようにここでも川の水が酸性であることから川底に酸性を好むコケが繁茂している。
渋川沿いの滝付近は、マイナスイオンが他の渓流と比べ桁違いに多いという。
御射鹿池と併せてみるのが良い。但し足腰に自信があれば、なければ御射鹿池をじっくり堪能するのが良いと思います。

参考:奥蓼科観光協会ホームページ
Text & Photo by 
AREKORE

緑に囲まれてとても穏やかで美しい光景に癒されますね(^^♪素敵な景色はいつまでも眺めていたくなります☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
五稜郭、そして六花亭へ~♪>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.