秋の旅 奥日光へ (1日目)

2018年11月20日

11月4日~5日 秋の奥日光 戦場ヶ原を歩く。

1日目は、旧イタリア大使館 別荘、旧イギリス大使館 別荘を見学、
 小田代ヶ原から戦場ヶ原に入り、国道120号(別名 日本ロマンチック街道)にある
 光徳入口 バス停まで歩く。
2日目は、宿泊場所 日光湯元温泉 「休暇村 日光湯元」から「湯ノ湖」半周を歩き、
湯滝を見てからバスに乗車、赤沼下車~戦場ヶ原沿いを少し歩いて、
林の中、石楠花橋(しゃくなげばし)を経由して竜頭の滝まで歩く。
バスに乗り、徳川家光を祀る世界遺産「日光山輪王寺」見学、東武日光駅から帰路する。
1日目、東武日光駅前から乗り合いバスに乗車して、
中禅寺温泉バスターミナルで下車。

バスターミナルからバスに乗り、旧イタリア大使館前 バス停下車、
旧イタリア大使館 別荘、旧イギリス大使館 別荘を訪ねる。

中禅寺湖畔の風景




中禅寺湖沿いにある小路を枯葉を踏みながら歩き、旧イタリア大使館 別荘へ




中禅寺湖畔に建つ旧イタリア大使館 別荘
中禅寺湖が目の前に。。。



中禅寺湖を見渡せる部屋の天井・壁は、
一面 杉の皮を張ってあり、その優しい趣のある雰囲気が気に入った。





旧イタリア大使館 別荘 裏の資料館
杉張の外壁
周囲の木々から、晩秋の雰囲気に包まれている。



戸袋&外壁の造作は、杉皮である。



旧イタリア大使館 別荘に並んで、旧イギリス大使館 別荘がある。
スッキリした室内
夏、涼しい日光へ来た大使館家族は、中禅寺湖でヨットに乗ったり釣をして
避暑生活を楽しんだそうです。



旧イギリス大使館 別荘の机




バス停から中禅寺温泉バスターミナルに戻った。
日光に来たなら、やはり名物 湯波入りの昼食を。。。
「湯波 & 蕎麦定食」
※  京都では、湯葉。日光は、湯波と書く。
最後の仕上げに違いがあり、日光の湯波は、幾重にも折り曲げるので
厚みがあり、しわが多いことから「波」と書く。

再び乗り合いバスに乗り、赤沼バス停下車
同所の赤沼車庫から低公害環境バスに乗り換え小田代ヶ原バス停で下車する。

赤沼車庫近くのカラマツ林



小田代ヶ原に到着
草原が広がる先に多くのカメラマンが撮りに来る
「 奥日光 小田代ヶ原の貴婦人 」と呼ばれる白樺の木がある。



小田代ヶ原から木道を歩き、泉門池 経由、小田代橋を渡り戦場ヶ原に入る。
国道120号(別名 日本ロマンチック街道)にある 光徳入口 バス停を目指して歩く。

小田代ヶ原の白樺



木々の葉は、枯葉となり落ちて
秋の寂しさ漂う
泉門池(いずみやどいけ)



戦場ヶ原の風景




戦場ヶ原から望む 男体山




シラカバの木々が立つ木道を歩く




光徳入口 バス停からバスに乗り、終点の湯元温泉バス停下車。
「休暇村 日光湯元」に宿泊する。
湯殿から立ち昇る 湯けむり
温泉地に来たことを実感する。

尚、平成30年11月26日~12月19日まで
大浴場の改修工事の為 休館になるようです。



「休暇村 日光湯元」の露天風呂
少し緑色した白濁の温泉 かけ流し。
歩き疲れた足腰を癒してくれる。



奥日光 湯元温泉の2日目は、
「休暇村 日光湯元」スタッフの道案内で始まる朝散歩から
始まります。
Text & Photo by 
さいたま日記

とても穏やかな秋の風景に癒されますね(^^♪散策が気持ちよさそうです☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
群馬そぞろ歩き:薬師温泉・旅籠>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.