神戸ルミナリエ2018

2018年12月25日

先日、仕事帰りに神戸ルミナリエを見に行ってまいりました。前回見たのは2012年だから、なんと6年ぶりになります。神戸ルミナリエは、阪神淡路大震災の犠牲者の方の鎮魂の意味も込めて1994年に初めて開催され、今年で24回目となります。その間にルミナリエの開催期間は少し短くなり、電飾もLEDにとって替わってかなり様変わりしていました。LEDの方が省電力だから、豪華な電飾にできるのでしょうね。今年は兵庫県政150周年記念でもあることから、昨年よりも多い約51万個のLED電球を使用しているそうです。

この日私たちがJR元町駅に降り立つと、ぽつぽつと雨が…「雨が降るなんて思ってなかったね。」と話しながらも、結局はパラっと降ったりやんだりで、ルミナリエ鑑賞にはほとんど支障はありませんでした。いつものごとくルミナリエはJR元町から三宮方向への一方通行で、会場に着くまでの間かなり歩きます。途中、目印となる大丸神戸店が右に見えたり左に見えたり…警備の方の指示にしたがっていくつか信号を渡り、ブロックをひとつずつ海岸方向へ移動しながら歩いていくのです。今回は平日ということもあり、人の流れは比較的スムーズで、会場に着くまでに30分もかからなかったと思います。

いつものことながら、大丸神戸店の裏手からルミナリエ会場が見える瞬間はとても感動的です。



玄関作品の「フロントーネ」から約50mにわたり、天井作品の「ガレリアコペルタ」が続きます。
これが圧巻!光のアーケードが本当に美しい!











そして東遊園地の会場へ…4本の塔を有する「スパッリエーラ」と光の聖堂「カッサ・アルモニカ」が丸く配置されています。なかにはいると、美しい光の渦に包み込まれるような感じ…














神戸ルミナリエ2018は、12月16日(日)が最終日となります。
クリスマスまで開催していないのが残念ですが、神戸の素敵なイルミネーションをお楽しみくださいね。
Text & Photo by 
趣味とお出かけの日記

今年はもう終わってしまいましたが、いつ見てもとても美しい☆夢と希望に溢れています(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
紅葉 ~大威徳寺>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.