まあるくておおきい カンサス

2019年1月18日

寒いけど空気の澄んでる冬の朝が好きです。光や揺れる葉や影がとてもきれいです。
アメリカ旅日記、19日目、アンティーク屋さんでメキシコ陶器発見♪KANSASのつづき。




KANSAS州を西へ、コロラドやニューメキシコへ向かって走る夕方。
地平線に真っ直ぐ続く道の上には僕たちしかいなくて、360度見渡す限り草原。




ようやく向こうから車のヘッドライトがぽつんぽつんと見えてきた。そろそろ町があるみたい。




刻々と変わる空の色。雲の形。空が大きくて大きくて。
アメリカの空は大きいだけじゃなくてああ、地球はまるいんだなぁ、と感じさせてくれるよ。




すごい迫力、空に飲み込まれそうで、息をのむ。




アメリカの空のすごさは僕の写真ではなかなか伝わらないけど、とにかくスケールが大きいの。
特にモンタナの空が大きく感じたけど、カンサスもなかなかでふ。




燃えるような空と真っ黒い影を落とした草原が360度広がっているの。



地平線は平らなんだけど、空の上の方はまあるい感じがするんだよ。




毎日毎日、いろんな州、町、道、空を見て走るけど毎日毎日、アメリカの景色の迫力に驚かされます。




ちゃまも無言で写真撮る。




西の地平線の向こうに日が沈んだよ。光の中に町の光も見え始めたよ。
きょうはきっとあの光の町で眠るんだ。ホッとして、もう少し車を走らせる。




↑iphoneやmacbookはとても便利でなにもしなくても、どこでどの写真を撮ったか、町の名前や場所が瞬間にわかって、こうして思い出を辿ってブログを書くのを助けてくれる。
刻々と変わった黄昏時の空の町は、クインター、グレンフィールドあたり、そして、すっかり真っ暗になって夕ご飯にとまった町は、オークレー。
フリーウェイを降りてオークレーの街中に行くも真っ暗で開いてそうなお店がなにもない。どおしようか、、、と思っていたら、一軒だけ、闇夜に浮かぶネオン。Buffalo Bill’s Bar & Grillと言うお店。
人気があまりないけどしょうがない、入ってみたよ。




マジックミラーみたいな窓だったみたいで、中にはちゃんと人がいたぁ!ホッ。
テレビにはアメフトが流れてる。




僕たちは、ホッとしてビールで乾杯。
タコスやフライドチキン、ハンバーガーを食べる。朝から晩までアメリカしてる^^




たらふく食べたら、カンサスカントリーインというモーテルにチェックイン。




ほんじつのお部屋はこんな感じ。毎日毎日移動してモーテルに泊まって移動して。
こうゆう旅がたのしくてしょうがない。ああ、また旅に出たくなっちゃうな^^







今いるカンサス、オークレーは青いマル。
ちょうどアメリカのど真ん中あたりですね^^ああ、きょうもたのしかった〜!
あしたの朝は、どんな朝かな?おやすみなさい。
Text & Photo by 
いわおの日々ing・・・夢見る頃がとっくに過ぎ去っても♪・・・

どこまでも広がっていそうな大草原☆美しいグラデーションの夕焼け空がとても素敵ですね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
士別めん羊牧場冬景色。>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.