長野そぞろ歩き:黒姫童話館

2019年1月24日

季節、遡り。

9月の下旬、

黒姫高原にある『黒姫童話館』に行きました。





信濃町立の世界の童話がテーマの文学館です。




信州児童文学会の協力で、

平成3年(1991)にオープン。




『はてしない物語』や『モモ』を著作した

ドイツ人作家ミヒャエル・エンデ。




2000点を超える作品資料を本人が寄贈、

世界で唯一常設展示している施設です。




他にも、

世界各国の代表的な童話、

日本の民話や長野県に伝わる昔話などが展示されています。





写真はありませんが、

屋外には、

いわさきちひろのアトリエ・黒姫山荘が移設されています。




このときの企画展は、

「上橋菜穂子と<精霊の守り人>展」でした。




ドラマで使用された衣装の展示。




綾瀬はるかが演じたバルサの衣装。




黒姫童話館の外観。




探訪日:2018.09.23
Text & Photo by 
日本庭園的生活

豊かな自然の中で童話の世界観がたっぷり味わえますね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
坂とアートの街マカオ>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.