世界の果て~一万尺大地~

2019年2月5日

はるか西、一万尺大地を望む



いつか、レンゲツツジ満開の美ヶ原高原から、北アルプスに沈む夕日を撮りたいと思っていました
「アルプス一万尺、小槍の上で、アルペン踊りをさあ踊りましょう・・・」
「一万尺」とは約3,000メートル、「小槍」とは槍ヶ岳(標高3,180メートル)のピークの一つそう、民謡「アルプス一万尺」は北アルプスを讃える歌なのです美ヶ原高原からは、槍穂高連峰から後立山連峰までの長大な尾根を、一峰も欠けることなく見渡せますこの雄大さには、富士山だって敵いません富士山が世界遺産なら、北アルプスは宇宙遺産だ、くらいに思ってますまるで、大地が創りあげた壁
その向こう側に別の世界が広がっているだなんてコロンブスがアメリカ大陸を発見して500年以上が経過した今でも、にわかには信じられません
海辺の街に住んでいる方は、きっと夕陽とはオレンジ色のもの、と思っておられることでしょう
しかし、一万尺の大地は、太陽をも、眠りの色に変わるいとまを与えずに飲み込んでゆくのです
銀河の小惑星・地球の創造が、世界の果てが、偉大な太陽に勝利する物語を目の当たりにする、美ヶ原高原



帰途につき、徒歩で一峰を越えた頃思い出した様に夕焼けが発生しました





眠りゆく、地球
眠りゆく、初夏の輝き


世界の果て


~ 完 ~
Text & Photo by 
拙者の写真修行小屋

息を呑むほどの美しさに圧倒されてしまいますね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
埼玉県こども動物自然公園。>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.