【サンチャゴ砦】*ニョニャ料理* マレーシア旅行 - 4 -

2019年2月9日

16世紀にポルトガル軍がオランダとの戦いに備えて造られたサンチャゴ砦。
正式名はファモサ要塞(地元ではエー・ファモサと呼ばれています)。



正面には宣教師と兵士と船が描かれているのですが、この装飾はポルトガルではなく、後にオランダによって掘られたものだそうです。







中は通り抜けることができます。



観光客向けの乗り物があちこちを走っていました( ̄▽ ̄)



お昼ご飯はニョニャ料理です。



ニョニャ料理とは、マレー系料理のスパイス使いと、中華系の食材や調理方法が合わさった料理で、マラッカとペナンが本場とされているようです。



ツアー客11名が丸テーブルを囲んで、大皿から取り分けていきます。





チキンカレーのチキンが一番美味しかった!



色々と出てくるので、空いた所に次々と載せて食べていく感じです。




外はとても暑いので、冷たい飲み物を期待していたのですが、グラスに入っていたのは熱いお茶でした。しかも、烏龍茶と言っていた気がするのでが、とてもクセのあるお茶で、きつかった。。
食後にかき氷、チェンドル。



ガイドさんに「よく混ぜて食べて〜」と言われたのに、緑の部分だけを食べたら、味が全然なくて「なんだ、こりゃ。。」と思ったのですが、言われた事を思い出して、混ぜ混ぜして食べたら、ココナッツミルクと黒蜜シロップのほのかな甘みが合わさって、美味しかった!
お店の前から見えたビル。車内から見えた時も、すごく気になったのですが、なんのビルでしょう( ? _ ? )



初日のツアー観光はこれにて終了。。マラッカからクアラルンプールへと2時間かけて戻りましょう。









マレーシアは、カラフルなビルが多いですねー。そして、クアラルンプールは建築中のビルが多いこと!!











ツインタワーやKLタワーが見えてきたら、宿泊先のホテルも間もなくです。





電車は上を走っているのが多いですねー。



今回の旅行、両替は車内でガイドさんが用意しておいてくれた分でお願いしました。ツアーには朝と昼食が付いているので、午後に少し観光して夕食、お土産は主にカードで払うくらいなら、5,000円で大丈夫…との事でしたので、最初に5,000円を両替。(翌日はタクシー移動を考えていたので、翌日にも少し両替しました)



5,000円が175RM(リンギ)でしたので、RM1=約28.6円です。
ホテルにチェックインして、午後はフリータイム!先輩と、アタフタ珍道中の始まりです。
Text & Photo by 
うろ子とカメラ。

見ごたえある素敵な観光地が多くてとても楽しめますね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
雪山の夕焼けにうっとり、シビッリーニ山脈>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.