北欧と北陸と工芸と〜金沢でみる北欧のうつわ

2019年2月15日

先日の金沢の旅の続きです。
香林坊の不室屋さんのカフェで、お麩のお弁当をいただいたあとに、南町・尾山神社のバス停から用水の方に下ったところにある、北欧雑貨のピップリケラさんへ。



表通りからの坂道が雪が積もっていて下れるかなと思っていましたが大丈夫でした。
むかし吹雪の金沢でこの坂道を下ろうとしたら、道が凍っていて強い風が吹き抜けて、ムーンウォークのように体が押しもどされてどうしても下れず諦めたことがありました。
金沢ときどき吹雪2016年1月25日の日記
https://momokoros.exblog.jp/24077713/

お店はこんな雰囲気です。





ピップリケラさんのご夫婦は美大をでられて、イラストやデザインを仕事にもされている方で、その日は旦那さんとデザインやイラストのデザイナー能力やツールの話しをしていました。

雪が降っているので、来るのを諦きらめていたと話したところ、靴がいたんでしまうとやっぱり言われました。金沢のお洒落さんは雪のときに何を履いているのかな?と聞いてみると、雪のときに保温も水も染みこまないスノーブーツみたいのとか長靴とのこと。東京から金沢、京都、神戸や姫路まで渡り歩く私には長靴はむずかしいかもしれません。仕事が終わってから旅に出ることが多いのでスノーブーツもむずかしそうです。靴は嵩ばるので2足もつのはむずかしいです。そういえば、前に兼六園を久しぶりに訪れた時も革の靴で、砂利の敷かれた兼六園を歩くのに苦労しました。
お店では、やはり金沢の雷のすごさを聞きました。爆弾が落ちたかのようといっていましたが、今回も夜中の雷は聞けずじまいでした。

兼六園上の工芸館にピップリケラさんの商品を出されていると聞いたので行ってみることにしました。
お店をでて大通りまで行くとまた激しい雨。兼六園上の方にいくバスはあまり来ないのと、兼六園上は結構雪が積もっていて雪の中をしばらく歩かなくてはならず無理かなと思ったので、バスは諦めタクシーを使うことにしました。

石川県立伝統産業工芸館。



工芸館は初めて訪れました。「北欧と北陸と工芸と」に「MATERIAL×ART」の展示会が開催されていました。展示はあさっての2/4月曜までです。
お隣りは、成巽閣、向かいは石川県立能楽堂、右に行くと石川県立美術館に石川県立歴史博物館と、文教エリアです。
周辺は雪が積もっていてどこへも歩けず。他に寄るのは諦めてタクシーで金沢駅まで戻ったのですが、おじいちゃんドライバーで金沢の昔のことをよく知っていました。抜け道も昔の道も知っていて、話していると楽しくて駅まであっというまでした。
Text & Photo by 
素敵なモノみつけた~☆

風情ある街の中のとても素敵な雑貨屋さん☆街歩きが楽しくなりますね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
ドクターイエローin徳山駅>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.