伊勢神宮きちんとお参り旅 vol.4 皇大神宮(内宮)

2019年3月17日



参拝前にはまずお清めを♪
どこの神社の前にも手水舎があります。手を清めることによって心と身体の穢れをお祓い。
伊勢神宮では、外宮は鳥居に向かって左側に手水舎がありよって外宮は左側通行。内宮は手水舎が右側にあるので右側通行なのだそう。
(バスガイドさんの説明、目から鱗。)



宇治橋。五十鈴川に架けられた神宮の表玄関。一年に600万人以上の人が通る橋。
この橋も20年に一度、架け替えられる。
渡り終わり、右側に進んでいくと↑の手水舎そして↓があります。



五十鈴川御手洗場。参拝する前に心身を清める場所。ここでも手を清めましょ
バスガイドさん曰く、雨が降った後でも川の水は濁らないのだとか(#^^#)



内宮の敷地内にある正宮(しょうぐう)。
2000年以上の昔から、天照大御神(太陽の神)をお祀りしていて4重の垣根に囲まれています。外宮同様、隣に古殿地と言う更地があり、式年遷宮で新しく立て替えられます。
内宮は、わが国で最も尊いお宮。時を超えて、古代の佇まいが目の前に・・。
石段より先は撮影禁止^^




お伊勢さんの参道を歩きながら、様々な別宮を巡る。
五十鈴川の水の神「瀧祭神」(写真右上から二列目)。天照大御神の荒御霊を祀る「荒祭宮」(写真下中央)。ここでは沢山お願いしていいのだそう。そして風の神を祀る「風日祈宮」(写真右上)。外宮同様、神風を吹かせて日本を守った神♪




光射しこむ参道は、神々しく美しい。静寂に包まれた神域に玉砂利の音がザクザクザク・・。



毎月1・11・21日の朝8時頃、神馬が御正宮にお参りする習わしが。この日(3月1日)お役目を終えて一休み。。会えて良かった




(つづく)
Text & Photo by 
陽だまりcafe

神聖な雰囲気に身も心も清められますね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
京都府立植物園の早春の草花展♪>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.