知る人ぞ知るパワースポット「とっきりさま」

2019年3月18日



念仏橋から北へ山の方へ歩くと変わったお稲荷様があります。

母が久米南町の出身なので子供の頃から

誕生寺の稚児行列に参加したりと縁はあったのですが

この神社は昨年の秋まで存在すら知りませんでした。



山の地道を歩いて行きます。

全国津々浦々、パワースポットと呼ばれる場所は数多く存在します。

時切稲荷神社(とききりいなりじんじゃ)というのが正式な名前ですが

地元では「とっきりさま」と呼ばれています。



こんな手作りの参道を登って行くと。



稲荷神社によくある弁柄塗りの赤鳥居が迎えてくれます。

誕生寺の守護神として祭られた神社ですが

「○年○月○日までに○○を見つけてください」と

期限を決めてお祈りすると

その日までになくしたものが出てくるというお稲荷さんだそうです。



拝殿が見えてきました。

建物としてはごく普通の木造平屋建で

後ろに廻っても本殿はありません。

小さなお稲荷様ですが新聞によると

太平洋戦争の頃までは参拝者が県外からも訪れ

地元の豆腐店では一日500枚以上の油揚げが売れ

大半がここに供えられたといいます。



「“なくしたもの” は、物でも恋でも何でもよい」ということから

SNSで話題になっているみたいですが

奉納された絵馬は地元の受験生のものが多く目につきました。



昨年、御朱印ができたらしいのですが

なかなか親しみやすいデザインです。

誕生寺の寺務所で購入することができるというので

次回は御朱印帖持参で来ようかな。

なくしものは人それぞれ

とっきりさまに心をこめてお祈りをして

“なくしもの” が戻ってきたらいいですね。



久米南町のカッピーちゃんマンホールを見つけました。
Text & Photo by 
つれづれ日記

大切ななにかを失くしたことがあるなら必ず訪れてみたい場所☆SNSでも話題になるほどなのでとても人気がありそうですね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
秩父宮記念公園のつるし雛>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.