2019 小田原・箱根旅行 その2

2019年3月30日



小田原から箱根湯本まで電車で移動し、そこからバスで芦ノ湖まで来ました。
遅い午後の光が湖にキラキラと反射して綺麗です~。



今宵の宿は、山のホテル。



チェックインしてお部屋に荷物を置き、ラウンジへ。
どうやらスイーツ付きと言うプランだったらしいので、とっても大きくてざくざくとしたシュークリームを頂きました。
このラウンジ、暖炉の前のソファーでくつろいだのですが、とっても居心地がよかったー!
このままずっとここでくつろいでいても良いくらいでしたが、せっかくの山のホテル、お庭を散歩しようと外に出ました。



お庭に出てまず目に付いたのがこちらの日時計。
素敵な型だー!
影が指し示している時間は午後4時。



お庭は冬の装いで、緑が鮮やかなわけではないけれど、樹の向こう側に芦ノ湖が見えたり、もっと山側の方を歩くと木々がうっそうとして森の中を歩いているような感じだったり。
とっても素敵。



三本杉も絵になります。



ホテルの建物側の空を見上げれば、まだブルーの空にぽっかりと浮かぶ月。



反対側の湖にはそろそろ沈むであろう太陽。



ゆっくりと一周して戻ってくると、日時計は4時半を指していました。
自分の腕時計で確認してみると、これがホントに狂いなくぴったりの時間なんですよねー。
日時計ってすごいわーと思い説明が書かれているものを読んでみると、日時計と言うのは季節によって正確さが変わるようで、この2月と言うのは一番正確に時間を刻めるときなのだそうです。



少し肌寒くなってきたのでお部屋に戻ったのですが、お部屋の前にあるベンチから眺める景色がまた素敵で、寒さも吹っ飛ぶ!
この杉良い味だしているよなー。



一旦部屋に戻りぐたぐたしていたら、お部屋が暖かい色になってきたので、ふと外を見ると、先ほどとはまた違うオレンジの光をバックに三本杉が輝いていました。
思わずまた外に飛び出ししばしうっとりと眺めてしまった。

景色も堪能し、そのあと温泉にも入り、そしてお楽しみの夕食。

和食とフレンチを選べたのですが、今回はフレンチ。



クラシックなセッティングがなんとも素敵。



小さな小さなパンケーキ。



前菜は、タイのマリネ。
ガラスの器が繊細で、お料理をより美味しくしています。



スープはかぼちゃのポタージュ。



メインは鴨のロースト。



そしてデザート。
奥に見えるロールケーキは箱根の寄木細工をイメージしたものだそうです。

どれも素敵で美味しかったけれど、少し言わせていただくといかんせん量が少ない…。
割と高齢者向きなのかしらとも思ったけれど、もう少し食べたかったなぁ。
お散歩したりよく歩き回った一日だったから余計にそう思ったのかしら。



そして朝食。
朝食は和食を選びました。
ご飯はお粥。
しかし、これまた量がとってもとっても少ない。

それだけが残念。



このお食事の量が少ないこと以外は、本当にパーフェクトなホテル。
お庭はつつじが有名らしいので、春の時期は混むのではないかなと思いますが、この冬の時期の山のホテルいいなぁ。
是非また来たいと思いつつチェックアウト。

さぁ、箱根を堪能する一日の始まりです。
Text & Photo by 
楽子の小さなことが楽しい毎日

素敵な自然の景色を楽しみ、美味しいディナーでとても幸せな気持ちになりますね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
軽井沢ホテルブレストンコート * 幸福を呼ぶミモザ>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.