肥後細川庭園

2019年5月16日

 肥後細川庭園(文京区目白台)を歩いてきました。
 現在は文京区の公園ですがかつては肥後熊本藩細川家下屋敷だった。
 典型的な池泉回遊式庭園、広々としていながら変化にも富む素晴らしい庭園です。
 写真後方の森は目白台の傾斜地で、ここから庭園を眺めると立体感が楽しめます。



 庭園の正門側にある松聲閣(まつせいかく)
 かつて細川家下屋敷だった時代には細川家の学問所として使用されていたという。



 松聲閣休憩室から望む庭園

 

 雪見燈籠のある大池の入江から見た景観



 南門(神田川側)近くの土橋から望む大池、松聲閣
 池は土橋を挟んで大池、小池、小さな岬、入江が変化に富んだ景観にしています。



 永青文庫に通じる山際から望む庭園、松聲閣
 さらに坂道(写真後方)を上がると永青文庫がある(細川コレクションを収蔵展示)。



 松聲閣前の肥後芍薬
 江戸時代から品種改良を重ねてきた熊本独特の花を「肥後六花」と言い、肥後芍薬は
 肥後椿、肥後花菖蒲、肥後朝顔、肥後菊、肥後山茶花と並び肥後六花の一つ。
 今が見ごろの芍薬の花でした。

 参考:文京区立肥後細川庭園ホームページ
Text & Photo by 
AREKORE

爽やかな新緑がとても美しい庭園のお散歩(^^♪気持ちよく過ごせそうです☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
SAKURA*2019 その24 (桃源郷のようだった烏帽子山千本桜)>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.