「ふじのはな物語 2019」@あしかがフラワーパーク。

2019年5月19日

10連休というゴールデンウィークは終わってしまったが「あしかがフラワーパーク」の「藤の花」は8日まで見頃なのだという。という訳で、世の中の人々が仕事はじめというのに、ひとっ走り、足利までドライブ。。。ここらへん気ままな自由人のフリーランスの特権でもある。。。

外環から東北道を飛ばしておよそ1時間40分。途中、後ろにパトカーがひっついてきてドッキリもしたけれど無事にクリア!昔、高速で捕まったことがあるけれど、赤色灯がついて「そこの車、そこの車!シルバーの○○○○(車種名)、後についてきてください!!」とマイクで話し掛けられてお縄となる。

冬は空っ風が吹きすさびそうな畑のど真ん中に「あしかがフラワーパーク」はある。97年オープンの9.4万平方メートルの敷地面積を誇る施設なのだそうだ。
駐車場は無料だったが、入園料は1,600円!!入園料は咲く花の種類によって少しずつ変動していくのだそうだ。ライトアップの時間は17:30〜21:00で、1,300円となるらしい。「藤の花」が咲き誇るハイシーズンのこの季節は特に稼ぎ時でもあるようだ。

近隣のお店で300円程度の割引となる割引券を配布しているようなので、利用されるとよろしいだろう。

この日(5月7日)のオススメは「白藤の滝」と「白藤のトンネル」。むらさき藤は見頃を過ぎたようで、きばな藤は少し咲きはじめていた。

それでも大藤の世界は素晴らしい!!









広さ1,000平方メートルの世界を演出するのは、樹齢150年を超える2本の大藤棚。

古木が絡み合ってできた全長80mにも及ぶ白藤のトンネル





人が多すぎてうまく撮影できない(汗)。



此方は園外からも少し見える「白藤の滝」。



園内の様子。















ツツジやシャクナゲ、クレマチスなど、他の花々もキレイに手入れされていてお花好きな人にはたぶん一日しても楽しめるスポットだろう。人ごみには疲れるけれど。。。


せっかくなので来訪記念に「藤ソフトクリーム」(400円)をゲット!!



色からわかるように、此方オリジナルの「藤の香り」が楽しめるソフトクリームだ。

せっかくなので「藤の花」をバックに!



「藤の花」というよりも、どちらかというと色合いは「ラベンダー」に似ているかな。
そして今回、驚いたのは「藤の花」にも色々な香りがあるということ(遅)。甘かったり、爽やかだったり、ちょっときキツい香りがしたり。。。白藤のトンネルは人だけでなく、大きな蜂もたくさん群がっていた(笑)。此方のソフトは爽やか系の香り。。。あまり香りは感じなかったけれど、美味しくいただけた。

ちなみに藤の花には抗酸化作用もあるのだそう。。。多少はアンチエイジング効果も期待できるとすれば、はるばるとこのフラワーパークに来て「藤ソフト」を食べた甲斐もあったということだ。

ごちそうさまでした☆


●あじさい
栃木県足利市迫間町607 あしかがフラワーパーク内
0284-91-4939
予約可否
不定休(あしかがフラワーパークに準ずる)
http://www.ashikaga.co.jp/
Text & Photo by 
Welcome to Koro's Garden!

多くの人で賑わうのも納得の美しさ☆見事な景色に癒されますね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
パスポートのいらないイタリア 箱根ガラスの森美術館2>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.