のんびりひたちなか - ひたち海浜公園

2019年5月21日



5/6のネモフィラ。

GW中は勝田駅東口から海浜公園行きの直行バスが出ていたので、それに乗って朝イチでひたちなか海浜公園へ。



ホテルの部屋から見た朝5時頃の勝田駅前、人っ子一人いません(当たり前)。

旅行に行くと、その土地で夜が明けて朝になる様子を見たいと思うのだけれど、目が覚めたらすでに朝になっちゃってました。ちょっと雲が多いですね、この日のお天気は下り坂で急な雨に注意ということだったので(何とかお天気も持ってくれるといいなぁ、それかいっそのこと雨が降ってもお花が映えて綺麗かもなぁ…)と思いながら朝の駅前を眺めてました。

写真からもわかるように滞在したのは駅前のホテルで乗車券売り場と直行バス乗り場が目の前。売り場の設営やバスの様子を伺いながら部屋で準備出来て凄く便利でした。既にパラパラと人が来ていて皆さん早いです。





まずは往復のバス+入園券付きの1日フリーきっぷをテントの売り場で買い、1番バスに乗って15-20分。ホテルで朝食もとらず、寝起きで、朝イチに、現地には開園ちょっと前に到着。そして開園前の入り口には既に車で来た人たちが数百人は並んでいたでしょうかね。さすがこの時期人気の場所。

開園して一目散に目指すのは、もちろんネモフィラが咲くみはらしの丘はここ。



いやー、園内は広いとは聞いていたけれど、歩きますねぇ。

この丘あたりはかつての日本軍水戸東飛行場があり、終戦後は米軍に接収され27年間も射撃場として使われていたという場所。その後、日本に返還されたのが昭和48年、そして国営の海浜公園になったそのこと。
コキアの丘になるまでに
水戸対地射爆撃場返還の歴史




実は、みはらしの丘を見てから、さてホテルへ帰ろうと公園出口まで戻ったところで、ふと(ホテルのチェックアウト12時までまだ時間があるし、園内をまわるシーサイドトレインに乗って全体を眺めてみてもいいかなー)と、急遽シーサイドトレインに乗ってみることにしたのです。





乗り場のお姉さんに尋ねたら、1周乗ってる時間は40分ほど、でも停留所で乗り降りの時間もあるので1時間ぐらいです、と。

えっ!い、いちじかんも!

せいぜい数十分だと思っていた私が甘かった(笑)。園内広いのだなーとあらためて。でも、途中乗り降り自由なので降りちゃえばいいので乗ってみることにしたのです。

これ、園内周遊なのでもちろんスピードは歩く速さとどっこいどっこいののんびりペース。時間を気にしながら乗るものじゃないけれど、でも園内のアレコレをお姉さんが生ガイドしてくれるので、せっかくだから1度乗ってみるのもいいかもです。元は米軍の基地だったこと、茨城港にある火力発電所など海浜公園周辺のことも案内してくれます。

えー、私はちょっと所用で(笑)半分ぐらいのところ、みはらしの丘の前で早々に下りちゃったんですけどね。1日ガッツリ園内を楽しむなら1時間、の~んびりと景色を眺めて周るのも悪くないです。

さて、みはらしの丘、ネモフィラ、ネモフィラ。



いますね、人。これ、8:50頃です。

あいにくこの時間帯は雲が多かったのと、ネモフィラの見ごろも終わりに近かったので、ポスターの様に空も花も目の覚めるようなブルーという光景ではなく、既に葉っぱの緑も混ざっているけれど、それでもまだまだネモフィラの丘。



遠くの海も見えます。



絨毯みたいに見えるますねー。



近くでお花をみるとネモフィラはこんな感じ。
丘の上まで山登りのようにジグザグと登り降り。下りは直行コースがあってもいいかも…あ、でも転げ落ちる人も絶対いるかーなどと思ったり。私、案外とせっかちなのかなぁ…。
丘のふもとではコレ。インスタ映えで人気のネモフィラアイス
Text & Photo by 
いぬのおなら

辺り一面広がるとても美しいネモフィラの景色☆爽やかなブルーに癒されますね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
山手イタリア山庭園>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.