第4話 プチ・トランに乗って街歩き@ストラスブール

2019年6月27日

大聖堂広場にある観光案内所を出たところ、
「面白いよ、乗ってね!」と言わんばかりに、
可愛いミニ汽車(=petit train) が止まっていました。



観光案内所で手にいれたストラスブールパスで3.5ユーロ(=半額割引)
ちょうど10時発のタイミングで、私が最後の乗客!
乗り込みました。
日本語のオーディオガイドもついてます。



プチ・トランは旧市街をぐるっと一回りします。
只今、ここの市民だったグーテンベルクの像のある所を通過中です。



天井を見上げると、サントマ教会です。ルター派プロテスタント教会。
ここにはモーツァルトが実際に弾いたというパイプオルガンが残されています。



オーディオガイドを聞きながら
あっちを見たり、こっちを見あげたり
(後ほど、街歩きの際に撮った一枚)



ドライバーは狭い道を縫うように上手に運転して、
プティット・フランス(Petite France)というところに来ました。



アルザスらしい木組みの家は、もともとは水を必要とする粉屋や漁師の家。
今は粉屋も漁師もおりませんが・・・




洒落た建物です。これは何だったのだろう?
写真の位置情報をもとに、先ほど調べてみると
Ecole Haudecoeurという語学の学校。
きっと歴史のある建物なのでしょうが・・・。



またグーテンベルク広場を通って、



大聖堂広場に戻ってきました。
立派な木組みの館は、元漁師の家とはずいぶん違います。
(Maison Kammerzell というホテルでした)



50分ほどの間、なかなか楽しい時間でした。

このあと、大聖堂を見て→遊覧のボート船に乗って→
博物館を見て→自分の足で街歩きをして→トラムで街を一周するので、

この日のストラスブールだけで、盛りたくさん・・・
あと4~5回くらい?の連載になる予定です。
次回に続く
Text & Photo by 
ペンギンの足跡Ⅱ

とってもかわいいプチトラン☆街中をこちらで散策するだけでもワクワクしますが、オーディオガイドも完備されているのでより一層楽しめますね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
あじさい寺 北鎌倉  1>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.