☆☆九州旅☆☆熊本編:平山温泉「湯の蔵」~チブサン古墳~小代焼「ふもと窯」

2019年8月22日

熊本県山鹿市にある平山温泉「湯の蔵」さんに1泊お世話になりました。もちろん、弟のチョイスです。いつもいい宿を選んでくれるので、今回も信頼してお任せです。



藁ぶき屋根の門をくぐります。



ゆるやかな坂道をくだっていくと~



受付のある母屋があります。



お宿は、離れ宿で、私達は一番手前の家でした。弟夫婦は、そのお隣。



ザ・昭和な和室です。露天風呂が付いていました。夕食前に、この露天風呂に入りました。温泉施設は2つありまして、日帰り温泉も出来る大きめな施設と、宿泊者のみが利用できる温泉があります。夕食後に、大きな温泉にも入りましたが、日帰りのお客さんが多くて、ゆったりのんびりではなかったあ。



夕食は「やまぼうし」で。私達をいれて5組でした。聞こえてくる九州弁が、心地よいわ~。



ピンボケが多くて、写真をまとめました。派手さはないけれど、一つ一つが丁寧に作られていて、どれもおいしかったです。食事が終わるころに、夜食のおにぎりを手渡されました。嬉しいサービスですね。大きめのおにぎりですが、しっかりいただきました。おいしかったです。



翌朝です。



私達の泊まった「しやら」弟夫婦は「さくら」でした。



朝食も、夕食同様に品数多いですね。家庭的な煮物とか小鉢のお味が懐かしく感じます。熊本特有の調味料のせいでしょうか。おいしかったな~。
小代焼(しょうだいやき)の作家さんの作品が販売されていました。小代焼の窯元へ行きたくなり、連れてってもらいました。



「湯の蔵」さん、お世話になりました♪




宿の近くに「チブサン古墳」がありましたので見学させていただきました。





通常、古墳の中の見学は博物館に申し込みします。案内の時間が迫っていたので、直接現地へ行き、見学料100円を支払い、見学させていただきました。



弟のお嫁さんは、小学生のころに見学をしたことがあるそうです。



鍵が開いて、いざ中へ!立って歩いて入れるのかと思いきや、ドアの中は1Mほどの高さ、はって進みます。セ・狭い。。。



これはレプリカですが、古墳の中で見ることのできた絵画はこれです。



小代焼の「ふもと窯」(熊本県荒尾市府本字古畑1728-1)



沢山の陶器が並びます。





普段使いに出来るものから、高級品まで、沢山の作品がありました。



庶民の私達は、普段使い用を選びました。一つとして同じものがないので、この2点も、比較的似ているのを選びました。



この柄が特徴的です。手前は浅め、奥のは深めでした。



どっしりとして存在感があります。今日も冷奴をこの器でいただきました♪



そして、次回は最終回です。福岡市へ向かいます。

つづく。
Text & Photo by 
おいしい日々

風情あるとても落ち着いた雰囲気の温泉宿☆素敵な観光地も多くて楽しめますね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
夏の箱根湿生花園>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.