オホーツクとっかりセンター ◎北海道ぐるり一周の旅25◎

2019年9月23日



うふふ、かわいいでしょう?
前回のラベンダー畑から車だとすぐ近くにある、オホーツクとっかりセンターへ行きました。
閉館時間近くでしたが、何とか間に合った~!



「とっかり」ってなに?って思いますよね~
とっかりとは
アイヌ語でアザラシのことです。
じゃぁ、アザラシの水族館?
ちょっと違うんです。



ここが入口。
無人で、券売機等はありません。



ここに200円入れて中に入ります。



この上にプールがいくつかあり、アザラシさんたちがいますよ。




いたいた~。
ここも楽しみにしてたところなんです。
ここはアザラシの保護施設。
赤ちゃんの時にお母さんとはぐれた子供のアザラシや、漁師さんの網にかかってけがをしたアザラシなどなど。
漁師さんに助けられたり、障害があって保護されたアザラシもいます。



小さな施設ですが、かわいいゴマフアザラシと、ワモンアザラシがいます。
みんなのんびり~。



立ったまま寝てます(笑)
何てかわいいんでしょう!!



スイスイ泳ぎながら、私たちの様子をうかがってるコもいます。
ちなみにこの時、お客は私たち二人のみ。



あ!ここにもぐっすり寝てるアザラシさんが!
もう何分でも見てられますよ~。
かわいくって、癒されます。



このアザラシさんはプールの脇に乗っかって、ウットリしてると思ったら・・・




あっという間に夢の中(笑)
しぃさんが目の前で見てても気にしな~い^m^



あまりにもかわいくて、閉館までずっといました。
目の見えないアザラシさんもいましたが、器用に気持ちよさそうにスイスイ泳いでました。
今はこんなにのんびり過ごしてますが、保護された時は怪我して鳥に襲われてたり、衰弱してやせ細った状態で保護されたりしたアザラシさんたちばかり。
普通の水族館も楽しいけど、こういう保護を目的にしてる施設にもたくさんの人々に足を運んでほしいと思います。
入場料の200円は餌代の協力費になってるんです。



どんな状態で保護されるのか、どうやって海に戻すのかなど、わかりやすく説明されてて勉強になります。
いつまでも元気でいてほしいなぁ~。
とっても癒されて楽しい時間でした♪
(7.6)
Text & Photo by 
Emily diary

とてもかわいいアザラシたちを間近でゆっくり見ることができてほっこりしますね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
SUMMER TROPICAL GARDEN~サマートロピカルガーデン~>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.